ドミドミ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【Boys】

<<   作成日時 : 2008/12/26 05:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


【Boys】
監督: S.Shankar
出演: Siddarth、Genelia、Bharath、Nakul、Sai、Manikandan、Vivek
音楽: A.R.Rahman
2003年タミル語

記念すべき!?シッダ君デビュー作。
実力派監督と大物作曲家がタッグを組んで有名プロデューサーが売り出した、新人売り出しアイドル映画と言えばいいようなものだろうか。
やりたい盛りホルモン過剰で全身下半身化しているぴちぴち青少年5人組に何とかガールフレンドが出来て、“ろーまんす“(ほとんど清いグループ交際だが)にうつつを抜かしているのを両親たちに厳しく取り締められて反抗、対抗策がなぜか一気にシッダ君とゲンちゃん(ジェネリアの日本での愛称)結婚と言うことで猛反対の親たちに家を追い出され、文無しの状態から学費生活費を稼ぐ手段として自分たちの音楽的特技をいかしてバンド結成、紆余曲折をへてメジャーデビュー、大ブレイク、不和になっていたシッダ夫婦も元の鞘に和解してめでたしめでたし、そのままパクってジャニーズ事務所が新人売り出しミュージカル映画として使ってもおかしくないような作品。

デビュー作がこういう強力なヒット作で良い出だしに恵まれたシッダ君。
まぁしかし、一番恵まれたのはヒロインのジェネリアだったかもしれない。ゲンちゃん、この作品の前に一応ボリウッドデビューしてるらしいが不発。この【Boys】の当たりから着々とサウストップヒロインの道を歩み、今年(2008年)見事にヒンディー語ボリに返り咲き、着々とボリでサクセス中、となってるからね。(サウスファンとしちゃぁ、これでゲンちゃんのサウス出演激減または皆無になる可能性があり、寂しいやら悔しいやら)

さてここでのシッダ君、一応主役だが5人組新人グループ主演の中でのメインと言う感じもあって少々印象薄かも。5人中随一の美形で、オールヌードのストリーキングまで披露してがんばってるんだけどね。
演技的には過不足無しの合格点と言う感じ。特に他より抜きん出ている感じも劣っている感じも無し。まぁ、出演者皆それぞれ好演で良いアンサンブルになっているところが良い作品に仕上がることに貢献し、映画として成功した理由かも。
ちなみにボビー役のバーラト(ダンスはぴか一)はこの後タミルの方で主役級でがんばってる模様。あとのボーイズはぁ、、、、、、、、

音楽もナイス映画もナイスで誰が見ても楽しめる良質娯楽映画。なかなかお勧め。


脳みそがホルモンで一杯のボーイズ
画像


一応ヒーロー、ヒロイン ツーショ
画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【Boys】 ドミドミ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる