ドミドミ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【Chatrapati】

<<   作成日時 : 2009/04/13 05:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

【Chatrapati】

監督:SS Rajamouli
出演:Prabhas, Sriya Saran, Bhanu Priya, Kota Srinivasa Rao, Pradeep Rawat, Venu Madhav, Narendra Jha, Shafi, Jaya Prakash Reddy, Jeeva, Sekhar, Ajay, Arti Agarwal, Surya, Mumaith Khan
音楽:MM Keeravani
2005年テルグ語


[あらすじ]

シヴァジは故郷のスリランカの村が焼き討ちにあいインド本土に避難してきて以来12年、港を牛耳るマフィアボスのバージ ラオに奴隷同然に海賊行為を強いられてきた。
しかしあまりの非人間的な扱いと圧政にシヴァジの忍耐も限界を超え、バージ ラオを殺し、今まで虐げられてきたスリランカ移民を守るため、チャトラパティとして新たに港のドンとして君臨することになった。
同時に彼は、12年前のスリランカからの非難の時に生き別れになった母親を探し当てる。
この母はシヴァジの父親の後妻で彼には継母に当たり、彼女にはアショクというシヴァ時の弟にあたる子供がいる。このアショクは小さい頃から母に対する独占欲が強く、母が隔てなくかわいがる兄のシヴァジを常に強く憎み、成人した今も変わらずにいた。
この弟の画策によりシヴァジは母の前で名乗り出ることが出来ず、逆に冷血漢のチャトラパティとして恨みを買うことになり、その上敵対するマフィアとアショクが手を結んだため窮地に追い込まれる。
しかしすべてを戦い抜き勝利を収めた時、母の愛情を再び取り戻し弟とも和解するのだった。


***************************


現在にいたるまでのプラバース君最大のヒット作。
成功の原因は、一回り風格の増したプラバース君のヒーロー振りもあろうが(それまでの映画と比べると、かなり大きな成長ですな)、生き別れの母親、それもなさぬ仲なのに愛情深く求め合う親子としていかに再会するかというドラマの部分も一つの大きな要因だと思う。

ヒロインのシュリヤ サランはコミカルで元気な娘を好演、アイテムにムマイト カーンと【Adavi Ramudu】で共演したアールティ アガルワルの二人と贅沢な布陣。
バーヌ プリヤ演じる母親はあれ以上は無いでしょうという感じ良い出来だし、陰湿な弟役のシャフィは十分腹が立つほど気持ち悪かった(彼【Varsham】でもゴピちゃんの情けない義弟役だったな)。

女性コーラスなのにどすの利いてるテーマソング、好きです。

この作品からプラバース君第二期開始かな。

なんかヒット作のレビューって、やっぱりいろいろ良いからヒットするのであって、突込みどころが少なくて書きづらいわ。
はい、楽しめる良い映画どす。



なんか急にこういうマフィアのドンというのが似合うようになりましたなぁ。ちなみに向かって左後ろの人、【Godavari】、【Avakai Biriyani】のカマル カマラージュさん
画像



元気一杯、お色気少しなお二人。そう言えばプラバース君て、純粋なラブストーリー、少ないか?
画像



キモい弟
画像



母上様ぁ〜お元気でぇすぅかぁ〜
画像



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【Mayajalam】
【Mayajalam】 ...続きを見る
ドミドミ日記
2012/03/05 02:23
Supreet (Reddy) さんを追って 
ということで、Supreetさんを追ってのギャラリー企画 (あぁ、ゴマちゃんでもニシャント君でもシュリージット・ラヴィさんでもこんな企画したことないのに、とほほ。ま、たまたま知らなかったけど実はシュプリートさん出演物数枚持ってることに気付いたからなんだけど。) ...続きを見る
ドミドミ日記
2013/06/19 06:26

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【Chatrapati】 ドミドミ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる