ドミドミ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【7/G Brindavan Colony】

<<   作成日時 : 2009/04/05 06:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

【7/G Brindavan Colony】


監督:K. Selvaraghavan
出演:Ravi Krishna, Sonia Agarwal, Suman Setty, Chandra Mohan, Sudha, Sudeepa, Narasimha Reddy
音楽:Yuan Shankar Raja
2004年タミル/テルグ語


音楽、とてもいいんだけど、
ぱくりかよぉ!
日本語タイトルは【ピアノ レッスン】というんだっけ?から思いっきりぱくっております。
えぇんかなぁ。でも、音楽CDにはソングしか入ってないのかなぁ。このパクリ、バックミュージックというかこの映画のテーマミュージックなんだけど、【ピアノ レッスン】の音楽のこんなリミックスは他に絶対にないだろうから欲しいんだけどなぁ。
(調べたところ、正式テーマ音楽は別物だった。このパクリ部分、やはり大っぴらには発表できないか、一般販売CDには入って無さそうな感じ。)
ちなみのこの音楽ディレクターのユヴァン シャンカール ラージ、【Sandakozhi】、【Thimiru】、【Tamilabharani】とヴィシャ-ル物3作も手掛け、他にはテルグの【Happy】、タミル版【Billa】などがある。

えーっと、どうやら基本タミルでテルグとのバイリンガルフューチャーのようです。
ちなみにタミルタイトルは【7/G Rainbow Colony】。

なさぬ仲の二人が密かに結ばれたと思ったら、彼女が事故で死んでしまい、その後も彼は彼女の霊と逢引を続けるという超純愛物語。これ、彼女が死後に彼の出世を助けたりと霊としての活躍がもっと多かったり、もっと女の業を背負ってたりすると、私好みの泉鏡花風に、、、、はならんか。

またまたディスクに不具合が。
普通に見ているとラストの逢引の場面でぷっつりと終わってしまう。チャプターから入って何とか最後まで見れたけど。

儚い天気が多くて、花霞がかかって、暁を覚えないボぉーっとした頭のこの時期にぴったりですな、この映画。
スケートでの真央ちゃんを、”かわいいねぇ、爽やかだねぇ、健気だねぇ”と見るのが好きな人は、この映画でうるっと来るのが好きだろうな。そうでない人もほろっと来ると思うけど。
これを見て穢れ亡き時代を思い出すのもいいかな。良い映画ですよぉ。(取って付けていってるわけではないのだが、この手の半芸術映画っぽいのって感情に訴えるところが大きい分、普通のぶんちゃかぱんぱんな娯楽映画よりも”良い映画ですよぉ”と言いやすいところが、ひねくれマンボな私にはちょいと引っかからなくもないんだけれど、まぁやっぱり良いから良いでよしとしようかというところですかい。)

ヴィシャ-ル君、近日公開の【Thoranai/Pistha】の次の作品としてこの監督のK. Selvaraghavanとサインをしていたようだが、都合が合わなくなり契約取り消しになったようだ。残念。



主人公のお二人、良い仕事してまっせ。ラヴィ君の他の映画見てみたいかな。ヒーロー物は想像できないけど。
画像



いつでもどこでもなんでも、まずヒロインとヒロインの幸せのことを考えて行動するという主人公の一途さに彼女はほだされるわけだが、ぶちぎれると超強くなるのはいいとしても前後左右の見分けもつかなくなるってあんた、これって実はドメスティックバイオレンスタイプじゃないかい?こんなんと?一緒になっていいの?と私が心配することでもないんだけれど。
画像



オレンジサリーの方がメタ坊様の母上様
画像



南インド若者生態を垣間見る
画像



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
>オレンジサリーの方がメタ坊様の母上様

感涙…
メタ坊
2009/04/05 08:33
うぅっ、私ももらい泣いちゃいます。

Piyo
2009/04/05 14:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
【7/G Brindavan Colony】 ドミドミ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる