ドミドミ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【Sree Krishnaparuth】

<<   作成日時 : 2009/07/05 18:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

【Sree Krishnaparuth】

監督:A.Vincent
出演: Mohanlal jagathy pramila oduvill、Soman,Rohini
1984年マラヤラム語


言ってみれば、

ブラーミンの村(多分)のお寺(呪術医とでも言うのか?)の後継ぎだけど、女の子の尻ばかり追いまわして修行なんてこれっぽちもしないぐーたら息子のラルさん、パパ(だと思う)が死んで後を継ぐと一転清く正しく美しく、かつてのガールフレンド達の誘惑に見向きもしません、祈りと修行のりっぱな禁欲生活です。
そのラルさんを落としいれようと呪いをかけ続ける黒魔術師、ラルさんに振られて死んだ女性の霊を使ってラルさんを堕落させることに成功。清い能力を使えなくなったラルさんは邪教にはしります。
なんとかこの黒魔術師に勝ったものの以前のまっとうな清い道に戻れません。
最後には神様から天罰が下ってしまいました。

とかいうようなお話。
字幕無しだし、現地の社会や宗教の背景や歴史をあまり知らない私にはこれ以上分からん。
キリスト教会にまるまま設定を移しても通るな、なんて思ってたらゲーテのファウストを思い出した。


ラルさんが,最後どうにもならなくて乞食聖者の助けを借りて渡りをつける豚顔の神様見たいなのはなんなのだろう?象顔のガネーシャとかサルのハヌマーンとかいるから神様の一種かと思っていたが(豚顔なんて聞いたこと無いけど)、最後に女神様(パールヴァティかな?)に負けてしまうから、夜叉とか阿修羅の類のものか?


ラルさん、3人もの女性(二人は結婚前の生娘。一人はたぶん寡婦)と睦言交わしておきながら、パパの後を継いだとたんはいさよなら、結婚は良いお家のお嬢となんて、そりゃ恨まれるでしょう。
こんなことしてもラルさんが非難されないのは、家柄が良いから?


聖者の堕落を題材にオカルト風味な宗教映画だと思うんだけど、♪神様神様ありがとー♪と歌って終わらないからデヴォーショナルじゃなくてホラー/オカルト物になるのだろうか?VCD購入サイトではホラー分野に入れられてた。
なかなか興味深い映画だったけど、内容がもっとわかったらもっと面白いんだろうなぁ。








テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
>豚顔の神様見たいなの

この作品見てないけど(ディスクが入手できなかった)豚顔の神様ってヴァラハのことでないの?ヴィシュヌの第三の化身でヒランヤクシャをやっつける。

ところでPiyo様がこの作品に関心を惹かれた理由はなんですか?ゴマちゃんが出てるの?

メタ坊
2009/07/06 09:09
メタ坊様、ありがとうございます。
なるほど、ヴァラハですか。今書物にて確認しました。
うーん、それで最後に負けちゃうのは何故なんだろう?

この村の人は皆同じ白い服着てて、男の人は皆長髪を頭の上でお団子にしているんです。
ラルさん家が村の宗教の本家みたいで、彼の家とは別に本堂のおこもり堂のようなご本尊のいるの祠が村の中にあるんですね。なんか鷹がお使いシンボルみたいです。
ラルさんが”シヴァ、シヴァ”って祈っているように聞こえたものだから、シヴァがご本尊かなと思っていたのですが、最後に上のヴァラハをやっつけるのは女神様です。
この辺の関係がいろいろと面白そうなのですが、よく分からなくて残念です。

ゴマちゃん、出てないですよん。
偶然なんです、これを手に入れたの。
Maebagで”ホラー”のカテゴリーに入れられていて、おもわず注文のボタンを押してしまっただけという、、、
Piyo
2009/07/06 16:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
【Sree Krishnaparuth】 ドミドミ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる