ドミドミ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【Samardhudu】

<<   作成日時 : 2010/06/27 05:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【Samardhudu】

監督:Arjun
出演:Raja, Sanjana, Krishnam Raju, Vinod Kumar, Brahmanandam,Venu Madhav, Jayaprakash Reddy, Jeeva, Krishna Bhagavan, Dandapani, Benerji, Vizag Prasad, Salim Panda, Jayasingh, Bozo, Sekhar ,Sana , Hema, Surekhavani, Kalyani
音楽:V.Raja sekhar
2009年 テルグ語


先ほどの【Sontha Vooru】と同年作品。
こちらは正真正銘ラジャ君主演、その上ヒーロー物。
私、ラジャ君が普通の娯楽ヒーローやるの始めて見るかも。というより、ラジャ君、今まで普通の娯楽ヒーローやったことあったっけ?

そんな感じなのでやっぱりラジャ君のヒーロー振りはぁ、、、、、、、
へへっ
仕草とか演技ははまぁいいんだけどね、バデェもビルドアップしたようで筋肉つけてるし、でもねぇ声がねぇ、ヒーロー声してないというか腹から出ないというか、タンカ切ったりしても決まらないのよねぇ。
まその分クリシュナム・ラージュ(プラバース君の伯父さん)がしっかりと締めてくれていたけど。

私としては、【Bujjigadu】でその爽やかさが気に入ったヒロイン サンジャナさんとラジャ君の爽やかコンビ振りがどうなのか見たかったわけで、蓋を開けたら男は以外にもハードボイルド、女は以外にもお色気たっぷりちょっと行け行けねぇちゃん風だったわさ。

灰汁が無さ過ぎ男に汗臭い役やらせて、あっけらかん健康娘に妖艶な演技要求して、それでもって二人とも演技的にはきっちりとこなすのでちょっと不思議な感じだったわさ。実は訳知りの経験豊富な海千山千が若者に付き合ってあげてますよー、はいはい、みたいな。

これだけ不思議な感じのする主演コンビというのも他には無いのではないだろうか。ある意味貴重。


プラバース君伯父、クリシュナム・ラージュ、殺し屋に狙われる心の底まで善意の政治家役。
アクションも見せてくれるし、要所はビシッと閉めるしなかなか良いではないか。【Billa】でもこのぐらいやって欲しかったなぁ。押えた演技で甥っ子を引き立てようとしたのかなぁ。


テルグ娯楽映画の王道的構成の作品なのに、異質な主演者達がその存在だけでこの黄金率を屈折させてしまった稀有なる映画とでも言おうか。決して失敗作、駄作とは言えない、でも見るときっと腰砕けぇ〜。
そこがおもろい。



画像



画像



画像



画像



画像



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【Samardhudu】 ドミドミ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる