ドミドミ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【Kalyanaraman】

<<   作成日時 : 2010/08/13 03:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【Kalyanaraman】

監督:Shafi
出演:Dilip、Navya Nair、Lal、Lalu Alex、Kunchako Boban、 Jyothirmayi、Boban Alumoodan、Innocent、Salim Kumar、T.P. Madhavan、Unnikrishnan Nampoothiri、 Thilakan、Kalaranjini、Kochu Preman、Jose Pellissery、Siddique、Narayanankutty、Subbalakshmi
音楽:Berny-Ignatious
2002年 マラヤラム語


あらすじはいたって簡単。老年の主人公(Dilip)が今時の若者の前で、惚れた彼女(Navya Nair)と目出度く結婚出来るまでの紆余曲折を語る、というもの。
その紆余曲折と言うもの、占星術で星のめぐり合わせが悪いから彼女の父親から結婚をあきらめてくれと言われるとか、彼女は全く意識もしていないのにそのイケ面従兄(Kunchacko Boban)を勝手にライバルと意識するとか、わりと他愛のないもの。
大してスペクタクルなどんでん返しがあるわけでもなく、冒頭の主人公の兄(Boban Alumoodan)とヒロインの姉(Jyothir Mayi)の結婚式(ここで、当初予定の花婿がドたキャンしたので、急遽主人公の兄が花婿に納まったというハプニングはあるが)シーンだけで前半まるまま1時間ほど使ってたりするのだが、不思議とだれずに最後まで面白く見れてしまった。
こういう物こそ、ファミリー向け娯楽映画の”匠”という物かもしれない、なんて思ってしまった。
(ま、ディリ−プの為のディリ−プ映画なんだけど)


老年ディリ−プ (はっきり言って教訓めいたこともないし、”ふんふん、すっごぉーい!”なんて事もないし、どちらかと言うと”爺ちゃんのいつもの話がまた始まったよ”みたいな物なんだがなぁ、こんな爺の話を真剣に聞いてあげて感動してあげるここの若者たちって、人間ができてるぅ。

画像



画像



↑、こんな爺の昔語りなのに、なんか今時の若者と変わんないんですけど。
(想定)50年前のインドの若者がこんなんでいいんか?

画像



このじっちゃん/ばっちゃんの”らぶすとぉりぃ”が一番おもろいコメディーシーンだったかな。

画像



画像



ダンスがイケてるおぼっちゃま君をまともにぶつけるのは、ダンスおへたなディリ-プの為のディリ-プ映画ではまずい!なら、おぼっちゃま君は”イケてるプロダンサー”役にしちゃおう!ってことだったのかな?
まじで、でもただ単に”イケてる”ダンサー役のおぼっちゃま君。まぁだから彼の”イケ”てるダンスが見れる!
(ディリ-プの”イケ”てないダンスも見れる、、、、)

画像



画像



イノセントさんのこんな”筋肉ショー”も見れる

画像




テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【Kalyanaraman】 ドミドミ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる