ドミドミ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【Indryam(Indrium)】

<<   作成日時 : 2010/11/11 06:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

【Indryam(Indrium)】

監督:George Kithu
出演:Boban Alumoodan、Vani Viswanath、Vikram、Nishanth Sagar、Devan、Kochin Haneefa、Yadu Krishnan、Lena、Nandu、Sharath、Aranmulla Ponnamma
音楽:Berny-Ignatious、Jose SanKurickal (Sound Consultant)
2001年 マラヤラム語


かつてラージャの屋敷だった山荘に課外研究に来た学生達。
その山荘の物置にあった未完の踊り子画を見つけたところから事件は始まる。
愚かにも封じ込められた怨霊の封印を知らずに解いてしまった!
そしてひとり、またひとりと原因不明の死を遂げる学生達。
解き放たれた怨霊を再び封じ込めるには、その封印を解いた本人にしか出来ない、、、、、


ま、こういうホラー/オカルトの王道を行くお話ですな。
私は大好きですぞ!こういう昔の因縁が現代を魔界に誘い込むようなお話。
(ちなみに私は横溝正史も大好き)

踊り子にまつわる因縁話、【Manichitrathazhu】からのパクリと言うよりケララにはこの手の昔語りがどこにでもごろごろ転がってるのではないだろうか。
【Aakaashaganga】でもそうだったけど、怨霊の封じ込めは木に釘を打ち込むと言うのがケララの定番方法ということかな?
それにしても、怪談話は主人公(?)が女性が多いというのは古今東西同じですなぁ。

自然の中での課外授業、いちゃいちゃしてる奴らがやられて、思わせぶりなエンディングという組み立て、
湖畔のキャンプ場、まずラブラブ中の恋人がやられて、いかにも続編があるような終わり方の【13日の金曜日】ふうですな。
(この【Indrium】、続編は、、、、、絶対になかったと思うが)

こう見ると、昔ながらのケララ怪談を(使い古された手法だけど)モダンにアレンジしました、ってなマラヤラムホラーかのう。
こういう風に言ってはみるが、結構まとまりよく作られていて面白く見れた。
ただ、怨霊の殺人が行き当たりばったりの無差別的で復讐では無さそうな所、主人公(に一見見える)のお守りの意味もクローズアップの割には余り無さそうな所、森の変な親父など、小道具出しておきながら上手く関連ある伏線として使えてないのが映画を薄っぺらくしてしまって残念。
字幕無しで言葉がわからんからいろんな所がついて行けてない自分かもしれないが、おぼっちゃま君の【Mayilpeelikavu】なんかは言葉わからんでも意味ちゃんとわかったし、良い映画というのはそういうところからしてみても違うんだな、と。


誰かケララ怪談伝承なんか集めて出版してくれんかのう。(ね、メタ坊さん!)
私は買うぞ!



おぉ!ボバン・アルーさんが主人公かぁ!と冒頭で感動したのも束の間、うーん、うーん、うーん、これで主人公と言うのはなぁ、確かに主役らしき役でそういう扱いと言えばそうなんだけど、軽い扱いで大して何もしないしなぁ。
この胸のお守りも、思わせぶりに出てきた割には後で一回ビームを発するだけだしなぁ。
画像



脇役で脇役扱いなんだけど、結局主人公より活躍させてもらえてるニシャント・サガールさん。
結論としては、私個人的には嬉しかったが。
画像



ワーイ、楽しい課外授業!
画像



物置で絵を発見
画像



未完の足が描かれて第一の封印が解かれる
画像



封印の釘が引き抜かれて、すべてが解き放たれる
画像



すっかりB級ホラー鑑賞モードに入って楽しんでいた時にいきなりアイテムボーイと端役で出てきたヴィクラムさん。
怨霊よりもびっくりしたぜ。これがこの映画で一番心臓に悪かったかも。
しかしなんて贅沢なB級映画。
画像


画像


画像



恋心に苦しむラージャ。
なんで札っぴらでひっぱたいて愛人にしたりしないんだろ?やっぱカースト違いとか身分違いとか絡むから?そういうひとり悶々とする性格だから?
この頃のこういうお金持ちはこういう絵を描く趣味を持つのがステータス?
画像



ちょこっとだけど、この最後のCGは上出来!すんばらすぃ!!
明らかにB級映画なのに、こういうB級らしからぬ所があるのは、変に予算が余ったから?(なぁーんてね)
画像


画像



”続編あるかもぉ”な意味不明ラストシーン。で、”やっぱ続編ないよぉーん”だったのがこの映画で一番のホラーだったかも。続編作ってもいい位の出来ではあると思うけど。(B級としてね)
画像





テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【Joker】
【Joker】 ...続きを見る
ドミドミ日記
2011/04/25 03:01

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
監督のジョージさん、IMDbの登録では本作の後は以前Piyoさんがレビューをあげていた【Sooryakireedam】だけです。なんか筋の通った生き方だすね。
Periplo
2010/11/11 12:17
あ、【Sooriyakireedam】の監督なんですね。
(と、慌てて過去レビュー探る私。すっかり忘れてた。笑
)納得。作風似てますよね。(二シャント・サガールさん脇で同じような使いかたしてる所も。笑)
この監督のこれ以前の作品見てみたいなぁ。
Piyo
2010/11/11 16:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
【Indryam(Indrium)】 ドミドミ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる