ドミドミ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【Darling】

<<   作成日時 : 2011/01/02 06:32   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

【Darling】

監督:A. Karunakaran
出演:Prabhas、Kajal Agarwal、Shradha Das、Prabhu、Aahuthi Prasad、Srinivasa Rao Kota、M.S. Narayana、Mukesh Rishi、Chandramohan、Dharmavarapu Subrahmanyam、Tulasi、Narsing Yadav、David Firestar、Alex Martin、Srinivasa Reddy、Raja Sridhar、Sivanarayana
音楽:G.V. Prakash
2010年テルグ語


これは良い!
面白い!
なかなかいけるラブコメである。
なおかつアクションもしっかり入ってる。
うーん、プラバース君がこんな映画やってくれるとはなぁ。
くそガキ(Allu Arjun)、もっとアクション少なめならシッダ君(Siddarth)やシュリカン(Srikanth)がやりそうな路線。


プラバース(Prabhas、役名も同じ)、マフィアのドンの娘ニーシャ(Shradha Das)にプロポーズされるが、あっさり断ってしまう。
振られた彼女が自殺未遂をして昏睡に陥ってしまい、パパのマフィアのドンが力ずくで娘との結婚か死かどちらかを選べとプラバース君に迫るのだが、そこでプラバース君が語りだした、幼馴染との涙もちょちょぎれる純愛物語、、、、、、

この純愛物語の回想までが前半。
そしてそれが大嘘。

後半は、上の純愛物語に如何に嘘の上塗りをしていくか、ではなく、その純愛物語に登場する幼馴染との仲をどう実現させるか、って話。


インド映画での回想シーンは常識だが、延々やって”うっそんぶー”は始めて見た。
振った女がマフィアの娘でおやじが怒鳴り込んで来てさぁどうする、というのも良くあるが(もしくは惚れた女がマフィアの娘)、そのマフィアのおやじが純愛物語に弱くて涙もろいなんて、ギャグ漫画のようなキャラクター付け。(そしてその”キャラ”を最後の落ちに使う。)
そして全編テンポの良い掛け合いのコメディー仕立て。
プラバース君の父親役のプラブが”あうん”の呼吸でまた良いんだ。プラバース君と他の脇役さん達とのコメディーの掛け合いもグー。【Bujjigadu】をもっと軽妙にして面白くした感じ。
幼馴染のヒロイン役のカジャール・アガルワル(Kajal Agarwal)が、またそのコメディーにマッチしてノリが良くて、これも良い。
もちろん、お涙頂戴も用意してあります。
エンドクレジットで採用しなかったシーンを流すのだが、映画を見終わったあとでそれを見ると、それらのシーンを使わなかった監督の英断が良く分かる。なかなか洒落てるぜ。監督、確信犯。(くそガキの【Happy】とかスマント(Sumanth)君の【Yuvakudu】の監督なんだぁ。)


プラバース物なら絶対に薦めたい1本。
そうでなくても一見の勝ち有り。
(テルグ物見てひさびさに一杯笑った。)


この二人、次作の【Mr Perfect】でも共演。よっぽど相性良かったか。
画像



このお帽子、かわいー。(わしは被り物は似合わんので、自分では被ろうと思わないが。)
画像



最近お名前は目にしていたが見るのは初めて。ちょっとお眼目が離れてる感じが今一だが、これから注目してみたい女優さんかも。こういう、コメディー系のいける女優さんは好きだ。(ほぉ、【Magadheera】と【Pourudu】に出てるのか。ディスクもってた、、、、見なきゃ。)
画像



インド映画のダンスにしたらかなりマジにヒップホップやってるのが、、、、、逆にイケてないかも。がんばってるのは分かるけど。
そう言えば、要所要所でクラシック音楽を使ってるのが、これがまぁ上手く笑いを誘う場所とタイミングでグー!
画像



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【Darling】 ドミドミ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる