ドミドミ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【Anukokunda Oka Roju】

<<   作成日時 : 2011/02/12 20:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

【Anukokunda Oka Roju】

監督:Chandrasekhar Yeleti
出演:Jagapathi Babu、Pooja Bharti、Charmi、Shashank、Harsha Vardhan、Narsing Yadav、Pavan Malhotra、Jaaga Rao、Sivannarayana、Ravi Prakash、Kaushal、Amit、Pingpong、Vasu Inturi、Sandra、Jayalakshmi、Baby Roopika
音楽:M.M. Keeravani
2005年テルグ語


ある金曜日、友人(プージャ・バールティ)に誘われてパーティーに行った日から、サハースラ(チャルミ)の周りで不思議な出来事が次々と起こる。

パーティーの翌日の土曜日の朝、学校に行くと誰も居ず、今日は日曜だと言われる。
映画館に入ろうとした時に、目の前で人が刺し殺される。
見ず知らずのタクシー運転手(シャシャンク)からタクシー代の支払いを要求される。
そして町中で、地下駐車場で暴漢に遭い殺されそうになる。
いろんな人が自分に身に覚えの無いことを言う。
そしてとうとう、自分が不貞を働いたであろうことを、偶然持っていたテープに録音されていることを見つけた時、暴漢騒ぎで知り合った停職中の警官スレーシュ・レッディー(ジャガパーティ・バブー)に助けを求めた。

サハースラには、例のパーティー後から日曜の朝までの記憶が一切抜けている。
スレーシュはその間のサハースラの行動を再構築するために、この時にサハースラと関わりあった人々を探し出し話を聞いていく。それは、彼が追っていた麻薬ルートにリンクし、狂信的信者を集める異様な新興宗教集団へと導く物であった。


なかなか秀逸で上質なスリラーであった。
若者達の間に密かに蔓延する麻薬と奔放な性、それに伴うレイプ事件や、異常な新興宗教団体等の社会問題が機軸。
そして、ヒロインの消えた記憶をパズルのように繋いでいくことによって、それらを説教臭い道徳観念を入れずに、淡々と現実として浮き彫りにしていく。
随所に笑いも入り、通常の娯楽作品よりは少なめだがダンス/ソングシーンも巧妙に配置され、またその音楽が良い!
そしてちょっぴりほろ苦いラスト。ジャガパーティのおっちゃん、渋い!
てな感じで、一見の価値あり。


補遺:後日ヒンディー語でコメディーリメイクされたらしい、【Sunday】


いつもジュース片手のジャガパーティのおっちゃん。
実際の所はメーカーとのタイアップと言う所なのだろうが、まぁコロンボのパイプ、コジャックのキャンデーと言う所を標榜したかったのかな。
画像



もうテルグもしくは南印随一のスリラー女優かもしれない、チャルミ。もちろん誉め言葉として。
画像



この歌、お気に入りぃ〜



シャシャンクって、こうやって眼鏡かけてる方が良い男に見えると思った。
画像



これはAyyo様に
画像

画像



ジャガパーティのおっちゃん、こぉーんな爽やかな笑顔も出来ます!
ってとこで締めくくり。
画像


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
わ〜ジャガパーティのおっちゃんの制服姿、どうもありがとうございますなかなかお似合いですね〜。
別作品ですがテルグ版散髪屋の友人【Kathanayakudu】届きましたので、観るのが楽しみです。
パスパティさんといい、Piyoさん、この頃はシブーい系が気になってらっしゃいますね。
あいや〜
2011/02/15 10:36
テルグ版散髪屋、楽しんでくださいね〜。
見ましたら、ちょこっと感想など聞かせてもらえたら嬉いっす。

私今年のテーマはしぶ〜い系路線なのかなぁ?
でもジャガパーティのおっちゃん作品は多すぎて追いきれない、、、、
Piyo
2011/02/15 15:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
【Anukokunda Oka Roju】 ドミドミ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる