ドミドミ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【Agnivyuham】

<<   作成日時 : 2011/04/25 05:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【Agnivyuham】

監督:P.Chandrakumar
出演:Sukumaran、Ummer、Sankaradi、Pappu、Mala Aravindan、Subha、Kanakalatha
音楽:??
1979?年マラヤラム語


山あい奥深くにある、今は住む人の居ないさる屋敷。
これはその屋敷の留守居役の男が実際に体験した話である。

ある夜、留守居の男が屋敷の戸締りを確認に回ると、ある部屋に女が一人居た。
彼女はその屋敷の元持ち主の家族だと言い、忘れ物を取りに来たという。
そして、その屋敷の娘が若くして不幸な死を迎えたいきさつを語りだした。

その死んだ娘が実は自分であることを告白瞬間、彼女は留守居の男の目の前で突然消えたのだった。



今ふと思ったんだけど、マラヤラムのホラーというのは、観客を怖がらせようと人工的に作ったものではなくて(そういうのもあるだろうけど)、基本はうちのじっちゃんばっちゃんが語ってくれた不思議な昔話、身の回りの人が体験した不思議な話、が元でただそれを語るだけなのではないだろうか。
言うなれば、かつてあったお昼のワイドショーの夏場の”あなたの知らない不思議な世界”コーナーの再現フィルムの延長みたいなもの、かも知れないなぁ。今で言うと”耳袋”?(これももう古いか)


ちなみにこの映画、語り部の”娘”が死んだ復讐劇絡みの事件の回顧が映画のほとんどで、怪談なのは冒頭とラストの数分ずつのみ。なのでホラーと言うより、怪談の枠を利用した推理ドラマと言った方がいいかな。

この映画の出演者も私は誰一人として知らないし、ネット上でもほとんど資料が無い。
監督のP.ChandrakumarのWikiページはここ
ケララ最初のポルノ映画のスパーヒットを撮影、、、、、だとさ。
あ、これかぁ。このジャケは見たことある。Periploさんは見てるかもなぁ、この映画。


こちらは少々ソング情報。
”Yaaminee”はテーマソング。怪しい山娘が、主人公のヒーローをおびき寄せるセイレーンのように歌う。


IMDbやWikiでは93年以降の作品は無いが、ここにこんな物が。
同じ監督かなぁ?ただの同姓同名かなぁ。


制作は大体のところ1979年でいいみたいなんだけど、なにが1989年なんだろ?
画像



主人公。誰?これ
画像



ヒロイン。つぅか、こっちが主人公なんだけど。誰?これ
画像



ヒロインに瓜二つの山娘。どうやら双子の妹みたいなんだけど。そこら辺の出生の秘密がサスペンスの鍵みたい。
画像



こちら復讐の鬼の山娘の父親というか、ヒロインの家の家令というか叔父というか。
画像



ヒロインのパパ。時代だねぇ、このヘアースタイルにトンボグラサン。
画像



時代だねぇ、みんなパンタロン。
画像



これ、若き日のカラバヴァン・マニさんだと思ったんだけど、89年作ならOKだけど、79年作なら年齢がぜんぜん合わんな。ひょえ!マニさんて私より若いのか、、、、、、
画像





テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【Agnivyuham】 ドミドミ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる