ドミドミ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【Pazhassi Raja】

<<   作成日時 : 2011/05/09 01:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

【Pazhassi Raja】

監督:T. Hariharan
出演:Mammootty、Sarath Kumar、Manoj K. Jayan、Padmapriya 、Suresh Krishna 、Harry Key、Captain Raju、Kanika、Thilakan、Saiju Kurup、Suman、Lalu Alex、Jagathi Sreekumar、Devan、Nedumudi Venu、Saikumar、Murali Mohan、Mammukoya、Urmila Unni、Jagadish、Valsala Menon、Linda Arsenio、Chandrahasan、Ajay Ratnam
音楽:Ilayaraja
2009年マラヤラム語


近年のマラヤラム映画界の誇る、超大作歴史大河ドラマ。
各種映画賞受賞多数、それにも納得な出来栄え。
私ごときがぐだぐだ言うのはよそう、以下のサイトを読んでくだされ。


Periploさんのレビュー。
日本語でなくても、この映画に関してこれだけのことが読めるところは無いであろう。
http://periplo.mond.jp/cgi/mt/archive1/2010/09/pazhassiraja.html

【Pazhassi Raja】Movie Wikiぺージ
http://en.wikipedia.org/wiki/Pazhassi_Raja_%282009_film%29

Pazhassi Raja Wikiページ (実在の歴史上の人物として)
http://en.wikipedia.org/wiki/Pazhassi_Raja


一度、北ケララ【Pazhassi Raja】巡りなぞしてみたいものだ。



この映画に関しての全うな話は上記リンク先にまかせて、
以下、私の個人的なるたわ言。


個人的には冒頭しばらくなんとなくまったり感を感じた割には、3時間超の大作にもかかわらず最後まで楽しく見れた。

主要人物のおじ様達すべてが (パラッシラージャ:Mamootty、クンカン:Sarath Kumar、タラカル・チャンドゥ:Manoj K Jayan、カンナヴァトゥ・ナンビアール:Devan、アンブー:Suresh Krishna 、パラヤンヴェーダン・チャンドゥ:Suman)、かっくいー!!
時代物が決まる俳優は良い俳優!
(普段、トドだのアザラシだのネタにしてごめーんね。でもそういうネタもこれからも提供してね。)

女戦士のPadmapryaさんも、かっくいー!!


好きなシーンは、

・パラッシラージャが敵方に捕まって連行されるときに、水を入れたコップを渡すお盆にウルミを隠して妻が渡すところ。(ウルミとはこういう変形剣の武器。メタ坊さん、ありがとう。) かっくいー武器なんだよなぁ、これ。

・女戦士として活躍するパドマプリヤさん

・サラット・クマールさん自決シーン

うーん、格闘、戦闘シーンはどれもかっくいいんだよなぁ。


ただ、
長時間退屈もせずに一気に見通した割には、見終わった後があっさりとしてたと言うか、あまり余韻は残らなかったんだよなぁ。
なんでだろ?
一つは多分ラストシーンのせいだと思う。
終わり方はあれ以外には無いのだが、私個人的にはもっと違う映像的表現で処理される方が好みなんだろうな。
(実はもっと楽しんだのは、下手なインタビューなど入れず、ひたすらいろいろな撮影現場の情景を1時間以上流すだけの、おまけDVDだったりして、、、、、汗)

しかしまぁ、マラヤラム映画を代表する作品には間違いないので、マラヤラム映画を見るならぜひともはずして欲しくない映画。



今回最もお気に入りのアンブー役、スレーシュ・クリシュナさん
画像

画像



マラヤラムの高橋秀樹、デーヴァンさん。(と、私一人勝手に言ってる)
画像

画像




ま、本編の写真などはこことか、ここを見てくだされ。


ここからはメーキング オブ コーナー


ドルチェ&ガッバーナを着るスタッフ。。。。。。。。。何も言わんぜ、わしは。。。。。。。。。
画像



至近距離アップ撮影はこういうんだったりする。膝にクッション、足乗せ台。
画像



尻尾が無いとニホンザル、尻尾があるとインドザル
画像



月の無い夜の撮影用お月様ではない。夜間照明。
画像



その夜間照明バルーン前で記念撮影。
画像



腹減ったぁ〜のお昼休み
画像



大自然の驚異(何がやねん)。蛭に食われたりもする。
画像



体中に塗りたくられているドロドロの物は、火中栗を拾う撮影用の火傷除けらしい。宇宙生物ブロブに襲われたせいではない。
画像

画像



マ様、自分でメイクっちゃったりします。
画像

画像



ソングシーン用振り付けはインド武術カラリヤパットゥから。動きを見る限り、この人達はカラリ経験はなさそう。(どんくさい)
画像

画像



首実検
画像



撮影合間にこんなことして遊んだりぃ〜
画像



マ様、アマチュアカメラマンだったのね
画像






テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
拙レビューをご紹介いただきありがとうございました。

>一度、北ケララ【Pazhassi Raja】巡りなぞしてみたいものだ。

やー本当に行きたいっす。自分とこのレビューにもリンクを張りましたが、ベイバーの子孫の人がやってる↓このブログは実際に史跡巡りする際に参考になりそうです。
http://malabardays.blogspot.com/


Periplo
2011/05/09 02:08
どうせ私は大したことは書けないので、しっかりと素晴らしく書けてるPeriploさんのレビューを紹介させていただきました。
ありがとうございますです。

おぉ!これはまた凄いブログですね!
(なんて事を書くと、いかにその先勉強してないかバレバレ、汗)

ね、行きたいね!
なんかいきなりWayanadなんか調べてしまいました。
http://www.wayanad.com/index.htm
なんか私は現在の所、南よりまず北ケララの方に惹かれてしまいます。なんでかわからないですけど。
Piyo
2011/05/09 05:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
【Pazhassi Raja】 ドミドミ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる