ドミドミ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【Vijay IPS】

<<   作成日時 : 2011/06/27 04:00   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

【Vijay IPS】
監督:K. Hanumanth Reddy
出演:Annapoorna、Chandini、Satyanarayana Kaikala、Sriram L.B.、M.S. Narayana、Sakshi Ranga Rao、Jayaprakash Reddy、Sumanth、Vijay Kumar
音楽:Lalith Suresh
2008年テルグ語


腐敗しきった政治家に真っ向から対立する熱血警官スマント君。

ダンス/ソング一切無し、ヒロインもアンパンの上の芥子粒以下の出番で居ないも同然、主要人物は男ばっかの非常に男臭〜い映画。所要時間約2時間。
う〜ん、どういう経緯でこういう仕上がりになったのだろう。まさかジャやプラカーシュ・レッディのおっさんのグンゼ姿一つで客を集められると考えたわけでもなかろうに。


見所その一:ジャやプラカーシュ・レッディのおっさんのつるっ禿げグンゼ姿
画像



見所その二:インド警官制服のオレンジコート。実際にもそうなのだろうか。結構かっく良いと思った。
画像



見所その三:インドのこのカーキ色警官服は、このようにたるんでは良くないという事が証明。やはり胴回りが”パンッ!”と張っていなくては!スマント君、も少し肉付けてね。
画像



見所その四:目の手術の場面。(えぐいのでキャプチャー写真も載せません。) これは教育用か実習用ビデオからマジの物を撮ってきたんじゃないかなぁ。特撮には見えなかったし。スマント君、悪者に報復として目に硫酸か何かを垂らされちゃいます。そこでお父さんが「わしの目を彼に移植してやってくれ。」と自殺するんですね。目に硫酸なんて垂らされたら、角膜移植ぐらいじゃだめですよね。もっと何か移植したら視力が戻るのかなぁ。映画では水晶体摘出の場面が映ってたけど。


一応こういうスチールが出回っているので、ろぉ〜まんすなことも入れようとしたみたいですね、映画に。でもこのスチールの場面は出てこなかったので却下だったんだな。まぁ撮影しているうちに、監督さん、スマント君の男気一本に絞りたくなったのかも。出来上がった映画はそんな感じのものだし。
画像



スマント君、割に今までちょこちょこと制服姿は披露してるんだよね。テルグ若手だと一番制服が似合う役者かも(胴回り云々の話は置いておいて)。
というよりも、若手で制服披露した人いないじゃん?ジュニア?プラバース?くそガキ?シッダ君?ラームもまんちゅっちゅもやってないし、プリンスはPokiriで警官やったけど私服だったし。ゴピちゃんとかヴィシュヌでなんかちろっとあっても問題外だし、後はシュリカンとかジャガパティさん年代かぁ。
ふぅ〜む、テルグの制服映画って後継者居なくて今何気に危機に瀕しているのかも。
そう見るとこの映画、スマント君が制服一本で通したということはちょっと意義があるかも。
(実際はそうでもないけど、途中で異様におされ〜になったりもするけど、ラストは私服で腹に時限爆弾巻いて押しかけて悪徳政治家勝手に射殺だし、ま、でも一応最後まで警官で通したし。)


ほとんど一人で見れる映画にしているスマント君には拍手。彼の実力を知る上である面押さえておいて良いかも。
そしてまた見てみたいかもぉ、彼の警官物。(そのときはもちっと声にドスが利くようになって、体型ももちっと恰幅が出てる方が嬉しいかな。)
テルグ警官物、となりからぴい君借りてくる羽目になるようなことだけは避けてくれぇ〜。


あ、最後に音楽。
まぁ例のごとくにダンスでちゃちゃちゃというのが一切無いのでBGMだけなんですが、オープニングもエンディングも非常に勇壮で警官賛歌のようなオーケストラ曲。スポンサーはインド警察じゃないでしょうかね。実は警官募集の映画だったりして。(警官の割にはスマント君勝手なことやってるので、これ見て警官になった人は現実とのギャップで悩んじゃうかも。)
まぁそれは良いのですが、これ70か80年代のハリウッドのスペースアドベンチャー物かインディジョーンズみたいな冒険物のサントラそのまま流用したんじゃないでしょうかねぇ。これしきの映画にオリジナルスコア書いてオケ雇って録音したとは思えないのでねぇ。(すっごく失礼な話かもしれないけど、インドでこういう所謂正統派西洋的オケ曲書く人居るのかなぁ。それでもってそれを演奏できるオケってあるのかなぁ。インド国立交響楽団とかニューデリー フィルハーモニーなんて聞いたことないし。)



スマントグンゼ。これがダイエーで2枚500円で買ってきたものに見えるようになったら、君も本物だぜ、スマント!
画像



そうそう、スーツの似合う男でもあるスマント君。ヒロイン(というほど出番は無い)、灰汁の無いバチもん夏木マリというところか。
画像




テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
きゃーーーっピヨさん、ごめんなさいっ
制服&グンゼ萌えは要チェックの作品をアップしてくださっていたのに、気が付くのが遅れてしまいました。(早く嵐が過ぎ去ってほしい、、、)
見所紹介ありがとうございます。
仰います通り!
胴回りはぱっつんぱっつんに張っていただきたいですよね
その点では、今のジュニアでは胴回りが心許ない、、
ジャヤプラカーシュのおっちゃんのグンゼは
さすがですね。そうそう、この張っているんだか、たるんでいるんだか、このバランスが大切ですよね

オレンジのコート
制服道もグンゼ道も奥深いです。
あいや〜
2011/07/03 11:32
ま、ジュニアも今の体型がいつまで持つことやら。希望は持てますよね〜

その奥深い道を選んだあいや〜様、応援してまぁ〜す。どんどん極めていってくださいねぇ。
Piyo
2011/07/04 16:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
【Vijay IPS】 ドミドミ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる