ドミドミ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【Mahanandi】

<<   作成日時 : 2011/07/07 04:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

【Mahanandi】

監督:Samudra V.
出演:Abhiyana Sri、Lakshman Rao Kondavalasa、Srinivasa Rao Kota、Kousalya、 Sriram L.B.、Venu Madhav、Narra Venkateswara Rao、Kovai Sarala、 Anushka Shetty、Srihari、Subbaraju、A.V.S. Subramanyam、Suman、Sumanth、Narsing Yadav
音楽:Kamalakar
2005年テルグ語


スマント映画に見せかけた実はシュリハリさん映画。



どどぉ〜ん。
冒頭でいきなりシュリハリ一家惨殺。
幼い息子がもっと幼い妹を背負って何とか逃げのびる。

そっか、この息子が成長したらスマントなんだな。

それから一気に10年後か20年後の現在に飛ぶ。
あれぇ〜?なんでまたシュリハリさんが健在で出てくるのぉ?

シュリハリさん二役でした。息子とパパと。
予算、無かったのかなぁ。
まぁしかし、二役なら二役ででも双子役じゃないんだからもちっと見分けつくようにしてくれんかのう。パパの時にはちょっと白髪交じりにしてるとか口ひげ濃くしてるとか眼鏡かけてるとか。全くそのままの容貌なので見分けがつかん。

シュリハリさん、パパの意思を継いで故郷の村の産業活性と村人の就労場所提供ののために工場を誘致した、善玉やくざの親分。
スマント君は幼少時にシュリハリさんに助けられて拾われた(その当時のシュリハリさんもガキなんだけど)、忠実右腕な弟分。

この設定がすでに地味ぃ〜にスマント君を主役から外してる気がするのですが。
これがジュニアだったら役柄が絶対に反対ですよね。ジュニアはお館様筋、シュリハリさんは忠実な執事筋。
これがプリンス・マヘーシュだったら、仮に映画の中でさえ裸足で妹を背負って逃げ出してストリート・チルドレンから成り上がった、なんて設定自体が”無し”ですもんね。同じ逃げるにしても、金のブーツを履いて白馬に乗ってるでしょうね。
そう考えていくと、ここでのスマント君の役って他に取替えがあんまし効かないですね。
主役じゃないけど主役並みの仕事はさせられる。そんな仕事を引き受けるのはスマント君ぐらいでしょうか。
アクションは主役級にこなさなきゃいけないし、イケイケダンスとろぉまんすもとっちゃん主役なシュリハリさんに代わってこなさなきゃいけないですからね、、、、、、
あれ?これって主役じゃん。
でもあんまし主役扱いな役じゃないんですよねぇ、どう見ても。
主役並みの仕事をやって主役に見えないのは、、、、、スマント君のせい?

う〜む、別の角度から見てみよう。
もしもプラカーシュのおっさんがこのシュリハリさんの役をやったとしよう。
面倒くさがりのおっさんはまずこんなにアクションやらない。よって必然的にカット数がより少ない。
あ、そういうことじゃなくてぇ、
おっさんはとにかく”持って行って”しまうだろう。それはいつものこと。
「今回もやっぱりおっさん、全部持って行っちゃったねぇ」とは言っても、「この映画さぁ、実はおっさんの方が主役じゃない?」ということはめったに起こらない。主役を食っちゃっても主役に取り替わる事のないのがおっさん。
これはスマン様でも同じじゃないかな。親子という設定の違いこそあれ実証として【Pourudu】を上げようか。素晴らしいスマン様の活躍が堪能できるけど、主役に取って代わったとは見えない。

これがモハン・バブー兄貴だったら。。。。。
兄貴だったらおっさんよりアクションはがんばるだろう。なんといっても一応は現役ヒーローみたいだし。
監督に言われたらダンスだってろぉまんすだってがんばっちゃうかもしれない。なんといってもまだまだ現役ヒーローの気持ちみたいだし。
演説は好きなので、長文説教モノローグは無理やりねじ込んで入れてしまうかもしれない。なんといってもヒーローの義務はまだまだ果たさなくては、と思っているから。
なのでカット数や登場時間が主役並みもしくは主役を越えることも出てくるかもしれない。なんといっても元々がヒーロー俳優なので、例えA´級としても。
でも兄貴が主役に見えることはないだろう。
なぜなら、兄貴には兄貴独自の世界があって兄貴を主役として書かれた映画でこそ兄貴は主役として輝くのだが、他の人を主役として書かれた映画ではどんなに兄貴が熱を入れた芝居をしようと爆発しようと暴走しようと、主役の世界は兄貴の世界では無いので映画全体の色から兄貴の世界の色は完全に浮いてしまい、主役と入れ替わるようなことにはならない。


ここまで来て分かった。
シュリハリさん、本当は”家長”を演じなくてはいけないのに”ヒーロー”を演じてしまった、もしくは監督がシュリハリさんを”家長風味”よりも”ヒーロー風味”を強く撮ってしまった(またはその両方)、かつスマント君が忠実に”弟分”をまともに演じてしまった、というところだろうか。


まぁこんなくだらないことをごちゃごちゃ言わんで、映画はどうなんかい!ってところなのだろうが

、、、、、、、、、

あぁ、アヌーシュカ


いやぁ、私はアヌーシュカが鎌倉夫人並みに(意味不明)退屈で退屈で、駄目なんすよ。
あぁこれがネジの一本抜けたゲンちゃんだったら、、、、
あぁこれがキュートなトリシャだったら、、、、
あぁこれがツンデレなイリヤちゃんだったら、、、、
あぁこれが”乙女”なチャルミだったら、、、、
あぁこれがブリブリダンスのシュリヤ・サランだったら、、、、
あぁこれが手馴れたブーミカだったら、
あぁこれが大人なカマリニーだったら、、、、
あぁこれが”女王様”な鱈子、、、、、、あ、これはやめた方が良い。
あぁこれが体当たりなミーラちゃん、、、、、うーん、これも微妙。
せめてスネーハでもいいか。
この際芦屋マダムでも許すか
でもアヌーシュカはねぇ、、、、、、、教養女をこじんまりとまとめて演じてしまいました。



妹を連れて無事に逃げ延びるのよぉ〜!
、、、、、いつのまにどこでおぶい紐結わえたのだろう?
画像

画像



これ、悪役やくざの中庭。
なんで使用済みペットボトルが積まれているのだろう?
ドイツなんかだと返却するとお金が戻ってくるのだが、、、、
インドの使用済みペットボトルのサイドビジネス、、、、、、、、心が引かれるかも(嘘)
画像



背中から刺されて
画像

腹から手術、、、、、、、、、そうなのか、、、、、、、、、、私、医学には無知なので、、、、、、、、
画像

ムチムチ、、、、、、、、、あーーーーー!これは見たくなかった
画像



毒蛇食わせの刑。蛇一本丸ごと飲ませます。
き、気持ち悪ぅ〜
先ほどのムチムチと言い、洒落にならん画面が散見されるのだが、、、、、
画像



おー!久々のトラック一杯の殴りこみ鎌持ちドーティ野郎!
画像


あっという間にヴェーヌ・マーダヴのコメディーに化かされちゃいます。
画像



なんて中途半端な庇い方。スマント君、アヌーシュカ相手は本当は嫌だったのでは。(嘘)
画像



ゴルゴ13も真っ青なスナイパー。(そうは見えないが)
画像

やっぱりあっさりやられた。(何のために出てきたのか)
画像



あの、、、、、、、無理せずに列車が出発する前に仕掛けとけば?つか、どうやって体支えてるの?
画像



こーゆーのはやっぱ主役がやるもんだよなぁ
画像



この目の剥き方は、本人絶対主役だと思ってるからじゃないかなぁ。
シュリハリさん、全編通してこの調子でこめかみに青筋演技どす。
画像



うるうる上手のスマント君も、青筋ムッチーには負けるよなぁ
画像



、、、、、やっぱりシュリハリさん主役の映画なのかなぁ、、、、、、、



紹介しておきたい脇役さん1:スッバラージュさん
いまいち主役を張らせてもらえない鬱屈から斜に構えた人生哲学者になってしまったようなちょっと拗ねたことをツイッターでよく呟いてる。(私個人的には結構好きな俳優さんなのだが。)
画像



紹介しておきたい脇役さん2:元電気屋。(えっと、ヴァイジャ・ヴェンカータ・グリンダルさんとかいうらしい)
【Madhumasam】に出てた人。何気にスマント組なのだろうか?ここでもこれ一瞬だけ。
画像



紹介しておきたい脇役さん3:コメディーおばば
いつも陽気な女中さん役とかやってる人。名前何?
私は大のお気に入り
画像



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おばちゃんはコーヴァイ・サララだよ。ぼくちんも大好きさ。

この人今でこそコメディエンヌ専従だけどけっこう芸歴長くって昔はシリアスもやってたと思う。
メタ坊
2011/07/07 19:52
メタ坊さん、ありがと。そっか、コーヴァイさんか。
いいよねぇ、このおばちゃん。
昔のも見てみたいなぁ。
Piyo
2011/07/08 03:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
【Mahanandi】 ドミドミ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる