ドミドミ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【Pulliman】

<<   作成日時 : 2011/09/18 21:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

【Pulliman】

監督:Anil K Nair
出演:Kalabhavan Mani, Meera Nandhan, Sreejith Ravi, Sudeesh, Vijayaraghavan, Kochupreman, Ponvannan, Nedumudi Venu,Saranya
音楽:Sharreth
2010年マラヤラム語


まず最初に、
サイト上にいろいろあるキャスト情報がかなり錯綜している。
と言うかほとんど嘘っぱち。正しいのはKalabavan Mani、Meera Nandhan、Ponvannnanの主要3役のみ。
ここには一応私が確認できた人だけ上げた。(他にも名前は知らないけどよく見て知ってる顔なんかはあるんだけど、脇役特定の地獄の探索旅行には出たくなかったので、そこまでは確認してない。)
Wikiにしろいろいろあるレビューサイトにしろ、この辺は結構アバウトなことは確かなんだけど、ここまで実際と齟齬があるあまりお目にかからない。う〜ん、なんでだろうねぇ。
Surajさんは多分ゴマちゃんに差し替えかなぁ。
Biju Menon, Mukesh, Innocent, Siddique, KAPAC Lalitha 辺りが大御所的で実際には出てない役者さんなのだが、ギャラ的にかスケジュール的にかでキャンセルされたもしくは製作側からお断りせざるを得なかったのかもしれない。それで急遽変更だったのじゃないだろうか。
それを裏付けそうなのが、前半はテンポがあってなかなか面白くスチール写真も出回っているけど、後半のマニさん出身の真相の回想話からいきなりまったりとしてなんか取り繕った感は否めなく、かつどこにも後半部分のスチールが出ていない。大幅なキャスティング変更の為に特に後半部分、大きな台本変更が避けられなかったのではないだろうか。
Nowrunningでのプレビューにはこう書いてある。

it's Kunjunni who puts the village to sleep every night. Kunjunni wakes up the village every morning as well.

If the villagers do not get to hear Kunjunni's voice for a day, an unusual silence prevails all over. One day, Kunjunni suddenly disappears from the village. The villagers launch a search for him, and finally reach the river side looking for him.


Kunjunninというのがマニさんの役で、、、、、、村から突然消えたりしないんですけど、、、、、、

WIKIでのプロットにも面白いこと書いてある。

Radha (Meera Nandan) belongs to a nadodi gang, who has come to the village to sell statuettes of Lord Krishna. Kunjunni and Radha are in love. Radha's father forbids her to marry the orphan. Kunjunni later finds out that he actually belongs to a rich family and he had left home some twenty years back, as his mother (Saranya) was a bit too strict.


Radhaはミーラ・ナンダンちゃん。よそのレビューなんかは”クリシュナのテラコッタを作るジプシーガール”って感じだったりするんだよねぇ。でも確かにギャングボスのようなパパみたいなのは出てきてマニちゃんとの結婚を反対するもしくは邪魔するみたいで、もう一人のギャング-金貸し親父のポンヴァナンさんにぼこられて結婚を許すって感じになっていて、↑のニュアンスとはまたちょっと違う感じよね。

ここなんかでも”マニちゃんの出生の秘密が、、、、”なんてちょこっと書いてあるけど、この辺黙殺しているレビューがほとんど。
ここなんかは、”Mukesh was good, Innocent was average.”なんて、ムケーシュさんもイノセントさんも出てへんやんけぇ〜!と、映画も見ずにレビュー書いたんか!という噴飯物。

と言うことでこの映画、何らかの理由により大掛かりなキャスト変更があり、そのためにやむを得なく台本変更して何とか間とか仕上げた作品なんだろうな。
その割にはそれなりに上手くまとめて、巷で言われているほどそう悪い出来ではないと思う。(私は星3つは出すよん)。新人監督らしいけど、がんばったんじゃない?
ま、上の”大御所”がもし出ていたらと想像すると、もっと違う感じで起伏と緊迫感のあるエピソードになったのかもなぁ。
ま、そのお陰で多分より一層マニさんに集中してマニさんに頼らざるを得なくなってマニさんも上手くそれに答えて、”かわいいマニちゃん”が堪能出来ることになったのは見る方としては反面ある意味嬉しいものがあるかも。
あと一番得をしたのはポンヴァンナンさんかな。多分台本変更で出番と役の重要性が増して、より格好良く撮って貰えたんじゃないだろうか。
マニちゃんママのサランニャさんも出番増えたと思うけど、そう得したようには感じない。


結局お話はまぁ、こんな感じ。
前半は”マニちゃんと愉快な仲間達!”。
いつも陽気で音楽好きで子供から大人まで皆に好かれているマニちゃんと明るく楽しく暮らしている村人達の日常風景に、怖い金貸しのおっちゃん(Ponvannan)とマニちゃん&ミーラ・ナンダンのロマンス、確執を乗り越えたマニちゃんと怖いおっちゃんの友情が絡む、
後半はマニちゃんの生い立ちの秘密と不和で音信普通だった両親と再会、相互理解ででめたしでめたしなのだが、字幕が無いと後半はいまひとつ良く分からない。
想像するに、全く勉強せずに音楽やったり絵を書いてるだけのマニちゃんにキーッとなるエリートな母ちゃん、どう子育てをして良いか分からなくなりカウンセラー(医者)に相談すると、「まぁしばらくちょっと距離を置きなさい。」とマニちゃんを寄宿学校に入れる。それをマニちゃんは親に捨てられたと思って出奔、ネドゥムーディ・ヴェーヌに拾われて育てられる、と言う感じかなぁ。この寄宿学校が、ヨガやったりカラリやったりで非常に規律の厳しそうな学校なので、マニちゃんが知能的に問題あると診断されてこういう矯正学校みたいなところに入れられたのかとも思ったけど、バイオリンやったりするしなぁ、この学校。やっぱ母ちゃんのカウンセリングなのかなぁ。よく分かりません。


前半の”愉快な村人達”のところはなかなか楽しくてホンワカ気分になれてテンポも良くて良い。自分の欲情のためにはレイプも厭わない悪徳金貸しがマニちゃんの情に絆されてマニちゃんの見方になるあたりなんかもとても良い。
母ちゃん出てきてからがちょっとつまんなくなるんだけど、マニちゃんと母ちゃんの葛藤がいまひとつ分からないと言うか納得がいかないからかな。この辺台詞がわからないせいかもしれないけど、マニちゃん子供時代の回想部分は台詞はほとんどないからやっぱり”絵”で物言って欲しいね。後は多分、説明的台詞が多い長回し多用のせいだと思う。
まぁね、監督よくがんばったと思う。何とか持ち札だけで仕上げ切ろうとしてそれなりに良くまとめたと思う。それ思うと後半部分の失速は仕方ないかとも思うけど、それでも残念。当初の予定通りだったらもう少し面白いものになったかもねぇ。



役柄とか衣装のせいもあるけど、なんかこんな”かわいいマニちゃん”私初めて見るかもぉ。
画像




ミーラ・ナンダンちゃんかわいいねぇ、演技も良いし。ファンになりそう。。。。。。あ、【Puthiya Mugham】に出てた。。。。ここまでは印象に残ってなかった。。。。。。ぴぃ君のせいだな。
画像




母ちゃんとベビーマニちゃん。この赤ちゃん、かわいいけど愛想無いんだよね。それがなんか笑える。
画像



結局いろいろとおいしいところがもらえた?ポンヴァンナンさん。ふぅ〜ん、タミルの人か。どうりで”マ”では始めて見たと思った。(私はね)
画像



やっぱゴマちゃんとシュリージット・ラヴィさんのアップは上げとかなきゃね。
ゴマちゃんは茶屋の兄ちゃん、ラヴィさんはいつものごとくチンピラ。
画像

画像



愉快な村人達
画像

画像

画像

画像

画像



この櫓がマニちゃん家
画像



テラコッタ工房。こういうの一個欲しいなぁ。
画像

画像



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【Anjathey】
【Anjathey】 ...続きを見る
ドミドミ日記
2012/01/16 03:21

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ミーラちゃんがかわいいんだったらボクも見よう!

画像が何枚か表示されないんだけども…
メタ坊
2011/09/18 23:16
うん、ミーラちゃんかわいかったよぉ〜

画像、今は大丈夫じゃないかな。
昨日はブログのサーバー、ちょっと調子悪い感じだったから。
Piyo
2011/09/19 14:18
実作品とレビューとの出演者食い違い、マ映画では結構あります。やむを得ぬ事情で役者が途中降板というのもないことはないけど、もっと安易な経緯が多いんじゃないかと。
企画立ち上げ時に制作側がまだ確約がとれてない出演者を希望的に列挙したものを、低レベルな芸能記者がそのまま書き写して、実際に封切られたあとも誰も訂正しない、というようなことがまかり通ってるんじゃないかと。ミーラ・ナンダンちゃんが可愛いというのは吉報
Periplo
2011/09/19 14:19
なるほどね、そういう安易な経緯の方があってるかもね。
Piyo
2011/09/19 14:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
【Pulliman】 ドミドミ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる