ドミドミ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【Poo】

<<   作成日時 : 2011/10/12 23:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

【Poo】

監督:Sasi
出演:Parvathi Menon、Srikanth、Ramu
音楽:S.S.Kumaran
2008年 タミル語


南インドの片田舎を舞台に村の生活と社会の描写を背景に、幼馴染の従兄との結婚を夢見る少女の純情で儚い恋心の物語。
赤い土と青い空のコントラストが印象的なヴィヴィッドで印象的。
この年の多数の映画賞を獲得なのもうなずける秀作。
てなところかな。
私はとても面白く見ますた。


どう言えば良いのかな、ネオ・リアリティシズムとでも言えば良いのかな、こういう等身大の現実を模した映画がここ数年のタミルで大きくのして来ている流れと聞いているけど、こういう感じのものなんかな、ふむふむ、これが瑞々しい緑の背景だったら”マ”じゃないけ?、要するにタミルも資金的に手詰まりになってきて今までのような娯楽映画が作りにくくなって来てこういう芸術映画寄りのものを作るようになって来たんかい?、なんて事を思ってしまったPiyoであった。


ヒロインのパールヴァティ・メーノンさんが数々の賞に輝いたのは納得。
素晴らしい演技だったと思います、はい。

タミカン(私にとってテルグのSrikanthが”シュリカン”で、このタミルのSrikanthはテルグではSriramで、でもシュリラムにするとマイナーだしテルグに限るし、いつもタミルのシュリカンというのも面倒なのでタミカンとしておく)はテルグ物の脇役見てて、この人は自分の役の立位置をちゃんと理解して演技する日とだなぁと思っていたのだが、ここでもやっぱりそうで、私は好演だと思うのだが物足りないと思う人も居るかなぁ。
ヴィジャイ、アジット、スーリヤなんかの期待された次世代ヒーローとデビューしたけど、イケ面度の割にはヒーローオーラに足りなくて、演技は悪くないけど時代にもちょっと取り残されちゃった感じで、今ひとつブレイクし切れなくて今に至ってるのかなぁ。
テルグ出稼ぎだけじゃなくて、今年は”マ”にも出てるわ。
http://en.wikipedia.org/wiki/Uppukandam_Brothers_Back_in_Action


うーん、タミルで芽の出ない若手の”マ”流れという構図が出来ようとしてたりして。
現在意外に”マ”の懐が深いのか、”マ”の若手がこれに邪魔されてるのか。


見ようによっては割りに美人、見ようによってはかなりの”男顔”
画像



見ようによってはシャー様似。実際デビュー当時は第二のシャー様的売出しだったりして?
画像



ヒロインの亭主。最近出てくるタミルの俳優はどちらかというとこういうタイプが多いな、というのが私の印象なんだけど。
画像



これ、本採用
画像


これ、出回ってるスチール。あれ?タミカンでも同じシーン撮ってる。これは映画には出てこない。
タミカンは最終的に別の女性と結婚してヒロインも別の男性と結婚するのだが、ヒロインとタミカンが結ばれるというのが当初のプロットだったのだろうか。
画像



こういうヴィヴィッドな風景、一度見てみたいなぁ。
画像


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【Nallavan】
【Nallavan】 ...続きを見る
ドミドミ日記
2011/12/05 17:53

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【Poo】 ドミドミ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる