ドミドミ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【Anthapuram】

<<   作成日時 : 2011/10/13 03:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

【Anthapuram】

監督:Krishna Vamsi
出演:Soundarya, Saikumar, Jagapathi Babu, Prakash Raj, Sharada, M.S.Narayana, Babu Mohan, Chinna, Ashok K. Kumar, Rama Raju, Heera Rajgopal
音楽:Ilaiyaraja
1999年テルグ語


激突!
プラカーシュのとっつぁん VS サウンダリヤーさん!!



もうこれで十分。他には何もいりません。
普通ならいつものようにプラカーシュのとっつぁんが全部持って行ってしまう所を、サウンダリヤーさんが阻止!
こういう演技バトルをしてくれる女優さん、また出て来て欲しいですねぇ。
サウンダリヤーさん、偉大です。ますます好きになってしまいました。


何不自由なく育ったお嬢さんのサウンダリヤーさん、格好良くて頼もしい旦那(サイ・クマール)と結婚して順調に長男が出来てすくすく育ってます。
幸せな毎日を送っていたのですが、テレビでテロ襲撃のニュースを見て取り乱す旦那。
どうやら旦那の故郷での事件のようです。
母親が心配なので皆で旦那の故郷へ向かいます。
ここまで旦那の故郷と実家について何も知らなかったサウンダリヤーさん、着いてびっくり。
いきなり暴漢に襲われ、助けられて着いた旦那の実家は、ど田舎の超封建的で長年敵対一家と血で血を争っている粗暴な大豪族。
都会でおんば日傘に育ったサウンダリヤーさん、カルチャーショォ〜ック!
ま、いろいろとあるのですがそれなりに慣れてもました。
が、
旦那が敵対一家に殺されてしまいますた。
ショォ〜ック!
そこで義兄(とっつぁん)がサウンダリヤーさんの息子を家の跡取りとして、母親から切り離して養育しようとします。
息子を取り上げられてこんな暴力沙汰の親分に仕立て上げられるのは溜まったもんじゃないサウンダリヤーさん、事あるごとに逃亡を企てますが、つかまって引き戻されてしまいます。
最後は姑さん始め家の女性達に助けられて逃亡成功!(ここでジャガパーティのおっさんの力も借ります。)
と思いきや、最後の最後に空港にとっつぁんが乗り込んできます。
が、
妻(シャラダさん)の捨て身の直訴に心落ち着いたとっつぁん、
「時々は遊びに来てねぇ」
とサウンダリヤーさんを解放してあげます。


あ、ヴァムシのおっさんの映画なんだ。
ヴァムシのおっさん、最近ぱっとしなくね?


ボリで【Shakti】としてリメイクされたそうな。


眠いのに起こされて拗ねた顔のかわいいお嬢さんのサウンダリヤーさん。
画像



ぼぉくが君の旦那さんだよぉ〜ん、なサイ・クマールさん
(ひょえぇ〜、サイ・クマールさんこんな爽やかな役やってのか。今はこんな感じだから、とっつぁん並みの癖のある役ばかりやってきてたんだと思ってた。人に歴史あり。)
画像


ま、良い男、いやぁ〜ん
画像


赤ちゃん出来たのぉ。
画像


ほぉ〜ら、坊やもちゃんとお参りしなさい。
冒頭からここまで所要時間15分。映画の半分はとっつぁんとサウンダリヤーさんのバトル。すっげ。
画像



そして、とっつぁん VS サウンダリヤーさん
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

ひょえぇ〜!とっつぁんに頭突きのサウンダリヤーさん。
画像

画像

画像

画像

車で連れ去られる子を追うサウンダリヤーさん。この走りっぷりがなかなか格好良いのだ。並みのヒーロー俳優なんか目じゃないぐらいに格好良いのだ。(ちなみにタミカンは走りっぷりは格好悪かった。)
画像

画像

画像

画像

そして大団円
画像

画像

この後ろで手を振ってるおっさん達が結構笑える。
画像



サウンダリヤーさんを助けるためだけにちょろっと出てきて戦ってあっという間に死んじゃうジャガパーティさん。
なんて贅沢な役者の使い方!(あ、でもソング一個もらってるよん。)
画像

画像



左後ろの二人に注目。
サウンダリヤーさんが三歩前に来たら歩き出してねぇ〜という指示に、「いっち、にぃ、さん、よっしゃ!」と取って付けたような見えみえのタイミングで歩き出す最後の最後の”オチ”に爆笑!
画像



これは何気にとてもエッチだと思ふ、すばらすい表現だと思ふ
画像



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【Ranga the Donga】
【Ranga the Donga】 ...続きを見る
ドミドミ日記
2012/10/22 02:55

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
文字通りの「激突」シーンがあったのですね。サウンダリヤーさんすごい!
カンナダの女神様映画【Sri Renukadevi】はご覧になりましたか?
字幕無しで基礎知識も無く見たのできちんと把握できていないのですが、サウンダリヤーさんはイェーランマ寺院の女神様の役で、サイクマールさんはその旦那さんの聖仙役をされていました。このサイクマールさんも政治家役やコップ役と違った雰囲気でステキでした。
サウンダリヤーさんは気品のある美しさのなかにもキュートな部分を併せもっている女神様にまさにはまり役でした。
あいや〜
2011/10/13 15:13
【Sri Renukadevi】見ましたよ〜。
あ、あの旦那さんサイ・クマールさんだったか。忘れてた。というか、この映画見たときはまだあまり南印映画のことは知らなかったので、Periploさんなんかにいろいろ教わったけど、知らなくてぴんと来なくてあまり記憶に残らなかったというのが正解かも。(笑)
いやぁ、サウンダリヤーさん、良いです!
Piyo
2011/10/13 17:18
地域に根ざした信仰を取り上げたストーリー難しいですよね。もっと勉強したいと思ってはいるのですけれども、、、
【Anthapuram】は是非観たいです。
あいや〜
2011/10/14 09:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
【Anthapuram】 ドミドミ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる