ドミドミ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【Thirakall】1984年

<<   作成日時 : 2012/01/23 02:39   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

【Thirakall】

監督:K.Vijayan
出演:Mohanlal、Seema、Menaka、Lalu Alex、Sukumari、Captain Raju、Venu Nagavally、Jagathy Sreekumar、Jagannatha Varma、Sathyapriya、Baby Gayathri、Kaviyoor Ponnamma
音楽:Shankar Ganesh
1984年 マラヤラム語


金持ちぼんぼんのラルさん、学生の癖にお酒飲んだりタバコ吸ったり女の子と不正異性交遊したりと、不良です。
でも本命はシーマさん。
いろいろとタックルするけど、シーマさん、取り付くしまなし。(ギャグではない)
ラルさん切れて、とうとうシーマさんに対するとんでもない中傷を学校中に張ります。
若い女性に対する評判としては致命的なことだったため、シーマさん、もう学校に行けなくなってしまいます。
ラルさん、やりすぎてしまったことに気付いたけど、遅かりし由良之介、謝っても何してももう取り返しが付きません。
シーマさん、仕方ないのでとりあえず家事手伝いでお母さんとお姉さんのやってる針仕事を手伝います。
そう、シーマさんの家は母娘3人だけの貧乏家族なんです。
でもやっとお姉さんの結婚が決まりました。
頼もしい義兄さんが来て安心と思いきや、この義兄さん、シーマさんに手を出そうとします。
困ってしまったシーマさん、友人の家に避難して住まわせてもらうことにしました。
そこで出会ったのが、盲目で音楽家の友人の兄さん。
その純な心に一ころなシーマさん。
タックルのし甲斐あって相思相愛になります。
どんなに逃げ回っても追ってくる義兄さん。
そんな時、かつての学校長に出会って援助を申し出てもらったので、義兄さんからも逃げるため離れた町での就職を頼みます。
そしてその町での第一夜、浮気で同じホステルに来てた義兄さんがよりにもよって浮気相手のいる部屋と間違えて、シーマさんピィーンチ!
魔の手を逃れて逃げ込んだ部屋にはなんと、ラルさんが!
ラルさんキぃーック!ラルさんパぁーンチ!
悪い義兄さんをやっつけてくれました。
急いでこのホステルを引き払うシーマさんは、路上で警察に見つかり何故か連行されてしまいます。
行った先の警察では、なんとラルさんが署長でした。
そうです、ラルさんは後悔の念から学校を辞めて警官になってたんです。
シーマさんの連行は実は彼女を守るため、シーマさんを家に連れて行くラルさん。
結局シーマさんはラルさんの家に居候することになりました。
そんな二人を許婚者同士と勘違いしたラルさんの部下、実は盲目の音楽家一家と知り合い(親戚)で、二人の事を話してしまいます。
シーマさんとの結婚を決めたところにこの情報、すっかり勘違いして悲観する盲目音楽家は入水自殺してしまいました。
いよいよ夢の結婚と言うことでウキウキ帰ってきたシーマさんを待っていたものは、その彼のお葬式。
シーマさんも後を追って入水自殺してしまいました。
最後にはシーマさんの幸せを願って分かれたラルさんも救われませんでした。



この映画見てるとひたすらヒロインの幸せを願わずにはいられないけど、ハッピーエンドで終わってたらB級娯楽、悲劇で終わったからA級劇場作品、かなぁ。
いろんなところが”いかにも”な娯楽作品的設定ながら、なんかとっても”フツー”感がある、なんとも言えない浮遊感が不思議。
巷の文芸少年少女の目を通して実生活を見渡せばこんな感じに移ると言うか。

演技にまだ”若さ”の感じられるラルさんが新鮮。
ヒロインシーマさんが超うつくしい!
それだけでも見る甲斐があると思うが、


ジャガーティ先生、昔から今のような体系じゃなかったんだー!

画像

画像



そしてこ、これがラル・アレックスさん、、、、、信じられん。
画像



ヒロインシーマさんの友人兼恋人の妹。これがMenakaさん?活躍した(てる)女優さん?
ちょっと吉永小百合チック?
画像



不良のラルさん
画像



制服ラルさん。出番は全体の半分ぐらいだったかなぁ、ラルさん。
画像



シーマさん。美しかったぁ。
画像

画像



今回の発見はこの人、ヴェーヌ・ナーガヴァッリさん。ヒロインの恋人の盲人の音楽家役。
俳優兼監督兼ライターなのかぁ。
【Photographer】や【Harikrishnans】に出てると言うことは見てるんだよなぁ。覚えてない。
プリヤン先生のヒット作【Kilukkam】は彼の台本だそう。(私はこの映画未見。ぜひ見てみたい。)
画像


画像


この無邪気な笑顔がまぶしい
画像


最近。イノセントさんのように”かわいいおっちゃんシリーズ”に入るタイプ?
残念ながら昨年9月にお亡くなりになったそうだ。享年61歳。
画像





テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【Thirakall】1984年 ドミドミ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる