ドミドミ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【Mayajalam】

<<   作成日時 : 2012/03/05 02:23   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

【Mayajalam】

監督:S.V. Krishna Reddy
出演:Srikanth、Poonam Kaur、Ali、Apoorva、Ganesh Babu、Krishna Bhagavan、Tanikella Bharani、Brahmanandam、Mohan Duvvasi、Gitanjali、Gundu Hanumantha Rao、 Hema、Jyothi、Ashok Kumar、Venu Madhav、Mallikharjunarao、Ravi Prakash、Tirupati Prakash、Sivaji Raja、Shafi、Sayaji Shinde、Pradeep Singh Rawat、Sudharshan、Uttej
音楽:S.V. Krishna Reddy
2006年 テルグ語


これはなかなか面白かったぞ!
4人のゴーストをもっとハチャメチャに使ってたらもっともっと面白かったのにぃ〜。
そしたら歴代指折りのコメディー名作になったかもしれないのにぃ〜。
アイデアに今ひとつ根性の欠けた監督を恨む。


結婚相手斡旋所を営むシュリカン、その適切さと信用度、低予算でしっかりと満足のいく結婚式まで真摯に面倒見ちゃう真心第一主義でなかなか流行っております。
今回のお仕事は、当地MPの息子と大病院の娘の結婚。
話はとんとん拍子に進むのだが、実は病院の娘は間違いで取り違えられたシュリカンの写真を見て結婚にOKしてたんだな。
結婚式当日になってそのことが発覚。MPの息子との結婚は拒否してシュリカンとの結婚を要望する娘。
困ったシュリカン。
MPはならず者上がりで邪魔するものはすべて殺す悪人、このとき実はMPの周辺を捜査しているシュリカン弟をリンチして監禁中。息子は超バカボン。
娘の親父も、医師免許は偽造、手術を偽って患者の臓器を取り出して売りさばく極悪人(臓器を取られた患者は、もしろん死亡)。
上の二人に殺された4人組(ヴェーヌ・マーダヴ、アリー、ブラーマナンダム、クリシュナ・バガヴァン)の働きですべての悪事が暴露され悪人二人は終身刑に、シュリカンと娘は目出度く結婚しましたとさ。


本作、前年2005年の大ヒット2作を借用、、、、、というかなんというか、どう言えばいいんだろ?
幽霊話は梅干食べてすっぱるスタァ ラジニカーントの【Chandramukhi】から、MPの親父(プレディープ・ラーワト)とバカボン息子(シャフィ)はプラバース君の【Chatrapathi】からネタにしている。
そう、借用でもパロディーでもなんでもなくて、ただ単に”ネタ”にしてるだけ。
プラディープ・ラーワトとシャフィは【Chatrapathi】にメイン悪役としてでていて、はっきり言ってここでは自虐ネタかな?本作でシャフィ演じるバカボン息子の名前は”チャトラパティ”。
そう、ただこうやって同じ俳優借りてきたり名前使ったりでネタにしてるだけ。
(ちなみにシッダ君の【Oy!】でもプラディープ・ラーワト出演で【Chatrapathi】はネタにされてる。)

で、要めはゴースト4人組。
その設定のお陰で何でも有りになってストーリーが上手く収拾着いていくんだけど、この4人組の使い方が今一しょぼい。
4人組の出来ることは唯一”生きているほかの人間に取り憑こと”。
こんなことが出来てテルグコメディアンのトップをキャスティングしておきながら、やることがちとしょぼい。
使用場面も少ないし、見ていてもっと馬鹿笑いが出来るぐらい思いっきりハチャメチャに使って欲しかった。
これがちょっと残念。


ま、それはさておいてもなかなか楽しく笑えるコメディー作品。
見て損無し。
シュリカン印では”松”の部類だな。


シュリカンと愉快な仲間達
画像



愉快な幽霊4人組
画像



愉快な悪人三人衆+タニケッラ・バラーニさん
画像



あ、ヒロイン、、、、、、私的には特記無し。一部(タミル?)ではDeepaと称してるらしいプーナム・カウールさん
画像




テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【Mayajalam】 ドミドミ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる