ドミドミ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【Maharajasri】

<<   作成日時 : 2012/03/20 06:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【Maharajasri】

監督:SS Nivas
出演:Richsrd Rishi, Nikhita, Anu Mehta, Saikumar, Vinodkumar, Sunil, Shafi, Brahmanandam, Venumadhav, Melkote, Abhinayasri, Ramyasri and Allari Subhashini
音楽:MM Srilekha
2007年 テルグ語


主人公のヒーローが話題に取り上げてもらえない映画。
でもその方が彼のためでもある映画。


主人公リチャード・リシはヒロイン ニキータにノンストップでタックルアタック口説き落としてやっと結婚の承諾を得る。
暴力団長のヒロインの兄サイ・クマールに報告に行った時、主人公はいきなりヒロインの兄を撃ち殺すのであった。
実は、ヒロインの兄が主人公の恋人を撲殺した復讐であった。
前半がストーカーロマンス、後半が真相の回想。
以上、字幕無しで理解したストーリー。
これに加えてもう一人の悪役シャフィーが出てくるが、シャフィーがサイ・クマールと敵対していることは分かるが、何の関係でリチャード・リシの恨みを買いボッコされたのかは分からない。直接の接点は映像からは見られない。
第二ヒロインの行く所に偶然いつもシャフィーが居合わせることは多いのだが。
シャフィーと間違えられて第二ヒロインが撲殺された感じだが、見間違うはずはないしなんなんだろうと思っていたら、こんな親切なレビューが見つかった。
そのまま転記する。

Rajani (Rishi) is a mechanical engineer. He runs a workshop and appears as a mechanic. He prepares a car, which can be run by blind people and sells the patent to a foreign company. He throws a big party for all his childhood friends and Neelima (Nikhita) attends the party. Rajani proposes to Neelima at the party. But Neelima refuses it. He continues to follow her. Once he dares Neelima to spend one week with him during which period he makes her to fall in love with him. Neelima agrees to the proposal but gives him only one hour per day to him. His efforts to convince fail for six days. On the seventh day, he tries to convince her. Incidentally, Neelima already loves Rajani but simply teases him all the six days. At this juncture, Rajani tells Neelima that he would like to take the blessings of her brother Parthasarathi (Saikumar) as he was the lone elder for both of them, he being an orphan. Unable to refuse his idea, Neelima takes Rajani to her brother. Surprisingly, Rajani shoots down Parthasarathi right in front of Neelima. When Neelima questions Rajani as to why he killed him, Rajani reveals the flashback, where Parthasarathi killed his lover Anu (Anu Mehta), mistaking her as a girl from his rival group. Rajani later confesses that he really did not love Neelima but lied. But unintentionally he gave his heart to Neelima. When everyone thinking that the film has ended, another villain Chinna (Shafi) enters the scene and fires at Rajani. He threatens to kill Neelima as well. At this juncture, a police officer comes to his rescue and kills Chinna and Rajani comes to know that he is none other than the brother of Anu.

そっか、第二ヒロインはシャフィー一味だと間違えられたのか。
リチャード・リシがサイ・クマールに復讐するのは分かるが、だからと言ってシャフィーにも復讐する理由は無いと思うが。シャフィーは別に意図して第二ヒロインをスケープゴートに使ったわけではないのだから。

そっか、盲人のための自動車を開発したのか
って、う〜んう〜んう〜ん、飛躍しすぎではないかい?

そっか、主人公と第二ヒロインは実は兄妹だったのか
って、う〜んう〜んう〜ん、そんなこと言われなかったら分からん!
(あ、テルグ語が分かったら分かるんだ。)
ハッピーエンドだったら実はもっと悲劇ではないか。


ということで、
この映画の一番の話題は、B級神様物映画の”二番手”ラーシさん(一番手はプレマさん)の旦那Nivasが監督デビューと言うこと。
で、けっちょんけちょん。
まぁそうだな、出演者がかわいそうなぐらい”へたくそぉ〜”な所一杯だし。
同じシーンの左右反転を使ったり、ダンスシーンでの細切れストップモーション編集なんか面白いとも思うけど、
そればっかじゃん!
あと、足元から見上げ撮りとか天井カメラとかも多すぎかな。
なんか奇をてらいすぎたものを使いすぎて逆効果って感じ。

字幕無しで見るのは結構面白い。
確かに内容が良く分からなくてイラつく所もあるが、逆に監督が台詞の説明に頼らず映像だけでどれだけ語ることが出来るか良く分かる。
本作は、台詞で説明させてばっか。
(まぁそのお陰で、スニルの真面目長大モノローグなんてめずらしいものにもお目にかかれたのだが、何を言ってるかは皆目分からんので退屈。)

スタイルが10年ぐらいは古い感じなのは特に気にならない。逆に面白く感じる。
冒頭の映像と音楽と効果音が暗闇の中でぐっちょぐっちょな感じは、行き遅れたコンテンポランな感じで結構好き。
主人公がいきなりヒロインの兄をズドーン!でインターバルってのもなかなか効果的。
ヴェーヌ・マーダヴとブラマナンダムの”キ印”コメディーは、絡む女性の立ち居地が今ひとつはっきりしないが、面白かった。
スニルが一曲まるままソングをもらって踊ってくれるのは嬉しい。

が、まぁ全体としてはC級の下と言う感じか。つまらんかった。

前半のだらだらだらだらとだらだらロマンスはつらい。
せめて主人公の男女両方がスキンショーでもたっぷりやってビジュアル的にサービスでもしてくれてるとか、もっとコメディアン絡めるとかだったらまだ見れたかもしれないけどなぁ。ブラーマナンダムのコメディーはちょいとあったけど(上の”キ印”コメディーではない)非常につまらないし。
後半回想部でちょいとメリハリは出てきてハードボイルドな感じもあって+0,2ぐらい上昇。

まぁ全体としてはC級の下と言う感じか。


と、こういう散々な映画なので、主人公のリチャード・リシとしては彼についてレビューなどでほとんど触れられてないのは良い事なのでは?
(まぁ、彼の演技は屁のツッパリにもならなかったとか、C級以下級に於いてさえ語られもしないものであるとかとも言えるけど。)
う〜ん、リチャード・リシなぁ、
結構イケ面だし、
背も高い方だし、
ダンスも割りとちゃんと踊れるし(まんちゅっちゅなんかよりうんと上手いし)、
演技も決して悪くはないし(良いか?と聞かれるとそれはそれで困るのだが、まぁなんと言うか平均的合格点はあるだろうって感じかなぁ。)、
ブレイクしてても良いと思うんだけど、ブレイクしない理由も分かるというか、
かと言ってテレビ俳優向けというわけでもないし、
モデル向きという訳でもないし、
シャリニとシャミリの兄弟(私はリチャード・リシは二姉妹に挟まれた真ん中だと思ってる。)だし、
いろんな意味で扱い困る俳優さんというか、
まぁこういう世界は上手いから売れるとかハンサム/美人だから売れるとか言うわけでもない所が面白いわけであって、
いろいろと中途半端で困るなぁ、この人。
と、今回も見て思った。(これで彼を見るの三作目の私も困ったものだが。)


第一ヒロインのニキータは、最近ではカンナダ方面での出演が多いようだ。
まぁまぁ、良いんじゃない?


第二ヒロインのアヌー・メータさんは、、、、
この手の顔は渡し苦手だわ。これ婆顔だよ。
とおもって調べてみるとすでに一度見てたわ、【Nuvvante Naakishtam】という作品で。
あぁこの時も、この女優さん嫌だなぁって思ったわ。
WIKIなんか見るともう消えちゃったみたいだけど、実際どうなんかね?この女は絶対”企む女”だぜ。どんなことしてもドロドロになりながらもどんな形でも糸引きながらでも業界に残ろうとするタイプだぜ。案外テレビの隅っこなんかでちょろちょろしてるんじゃないだろうか。それか、私達の目には留まらないような映画ジャンルで活躍してるとか。(Wiki中で「After having a bad personal life she started her career in modelling etc......」とあるのには、一筋縄では行かない女ってにほひがぷんぷんするようで超笑ったけど。)


ということで、リチャード・リシさんのテルグ作品だけは見てみようかな、と思ったり。
(彼のタミル物まで手を出す気は無い)
Vシネなら王者になれそうな気がするんだけどなぁ、リシさん。

なのでこの映画は見なくて良いです。


これは凄かった。舌に刺又串刺しスワミ!
画像



一応ヒーローだからね、まともな写真載せといてあげよう。Vシネでがんばるんだぞー!
画像



”キ印”コメディー
画像

画像



そして”企む女”
どんなに”ぶって”もにじみ出るぬめりは隠せない
画像


【Arya】のヒロインだったのか、びくーり!
画像

その頃の写真か?すっぴんに近い方がかわいいじゃん。
画像


その翌年の【Nuvvante Naakishtam】ですでにこういう感じ。お里がばれたか?整形失敗したか?
画像




テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【Maharajasri】 ドミドミ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる