ドミドミ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【Ponmudipuzhayorathu】

<<   作成日時 : 2012/04/09 00:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【Ponmudipuzhayorathu】

監督:Johnson Esthappan
出演:Madhu Warrier、Sheela、Aravind Akash、Nedumudi Venu、Sharmili、Suja Karthika、Mala Aravindan、Vishnu、Bindu Panikkar、Kalabhavan Mani、Indrans
音楽:Ilayaraja

2005年 マラヤラム語


あぁ、ディスクジャケットに載せて貰えない主人公って、、、、、、、


家の財政を救うために出稼ぎに出る長男だったが、その仕事とは人殺しだった。
それを知って発狂する母。
良心の呵責に耐え切れないこの長男が事の真相を漏らしてしまうことに危険に感じた雇い主は彼の命を狙い、長男は両足を失くす。
再度長男の命が狙われた時、母を通じて神からの天誅が悪者に下るのだった。


話自体は大したことないのだが、主人公の家が呪術師の家庭でその生活ぶりが良く見られることが非常に興味深い。映画自体の出来云々よりもそういう資料的面から、見て絶対に損はない映画。
字幕無しVCDなので細部が分からず非常に残念。

主人公マドゥ・ウォリアーは嘗てのヒロイン女優で現ディリープ夫人マンジュ・ウォリアーの兄弟。
Periploさん曰く、期待されてデビューしたものの結局は木偶の棒なので、今はディリープのお情けで端役をもらっている、とからしい。
本作はまだデビュー当時で押してもらえてた頃なんだなぁ。
気の弱っちぃ役が大根演技とマッチしているためか、そう悪くはない。
【Ravanan】ですでに見ていたようだが、全く覚えてない。自分のレビューでも一言も触れて無いので、きっと何も印象は残らなかったのだろう。



父ちゃんはこういう装束でリーダーっぽい
画像



母ちゃんと娘はこういう髪振り乱し踊り係
画像



兄ちゃんは楽師
画像



祭祀に寄っては一家全員で例の剣の舞もするようだ。
画像

画像



母ちゃんは病気の治療もするようだ。これは赤ちゃんに香油を塗っている所。
画像



ここが言葉が分からなくて一番歯がゆい思いのしたところ。
地主みたいなおっちゃんがいきなり主人公家に杭と縄で境界を引く。家賃滞納差し押さえかとも思ったが、そうでもない感じもする。
画像

画像


どうやら敷地内に祀っているものがあるらしい。それがはっきりとは描写されないのは、映画などでこういうものをはっきりと映すのはあまり良くないことだからなのだろうかとも思ったりするが、他の映画では祠や神様なんてばんばん映してるしなぁ、どうなんだろ?
画像

画像

画像



この祀り物を一番大事に思って、杭や境界に敏感に反応するのは母ちゃん。父ちゃんも、子供達もこの祀り物を大切な物とは見てはいるが、母ちゃんほど真剣に真摯にはとらえない。代々の霊性が母系で引き継がれている家だということなのだろうか?

怒りの女神に変身、母ちゃん
画像

画像

画像



こんなジャケット見たら誰だって、アラヴィンドさん主演恋路に絡むマニさんのロマンス映画か何かだと思うよねぇ。
違うんだよねぇ、アラヴィンドさんは主人公の妹の恋人(1曲ちゃんとラブソングもらってる)、マニさんは主人公を捕まえに来る警官(ちゃんとアクションの見せ場もらってる)、
画像



主人公はマドゥ・ウォリアー(なにもちゃんともらってない)。
画像



あーーーー!
母ちゃんこのヒロインかぁ。シーラさん。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【Ponmudipuzhayorathu】 ドミドミ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる