ドミドミ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【Sarapancharam】

<<   作成日時 : 2012/04/10 05:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【Sarapancharam】

監督:Hariharan
出演:Jayan、Sheela、Sathar、Kothuku Nanappan、Oduvil Unnikrishnan、Shankar、Baby Sumathi、P.K. Abraham
音楽:Paravur Devarajan
1979年 マラヤラム語


ついにマラヤラムのジェームス・ディーンに進出!


若奥様のシーラさん、大分年上の旦那は病気でインポテンツ、熟れた体をもてあます毎日です。
新しく入った野性味溢れる魅力的な馬丁と出来ちゃいました。
その最中に旦那は発作を起こし死亡。
シーラさん、とっとと馬丁を旦那の位置に据えちゃいました。
そしたらあらあら、馬丁は超浮気者、シーラさんとの関係は地位と財産のためだけでした。
でももう遅過ぎました。シーラさん、新しい夫を追い出すことも出来ず、省みることもされず苦しい日々を過ごすことになってしまいました。
年月が経ちました。娘のベイビーもカレッジの学生、女子寮に入ってましたが夜遊びが過ぎて追放になってしまいました。
娘を厳しく諭すシーラさんですが、娘にとっては柳に風。父親が死の発作にいる時に母親が若い馬丁と浮気してたのを見ちゃってましたからね、脛に瑕を持つ身が何言ってるか、と。
そう、ベイビーはパパが大好きだったので、不貞を働いた母と禄でもない義父を恨んで反抗してたんですね。
そんなベイビーの心を溶かしたのは、幼馴染でかつての下男の息子のサタールさん。
彼のお陰で母と和解、若い二人は愛を誓うのですが元馬丁現義父にサタールさんは殺されてしまいます。
そんな元馬丁現フ義父に立ち向かったベイビーですが、返って手篭めにされようとしてしまいます。
危機一髪のところをシーラさんの撃った猟銃の弾丸が元馬丁現夫を貫きました。
悪い男は谷底へと落ちていきました。


Piyoにとってのジャヤンさん初お目見えはこちら
ここで気になって、あぁそうそうかつてPeriploさんが紹介してたことがあるなぁと思い出してまた忘れて、やっとこさの第二弾。
彼について詳しくはまぁこちらWikiページでも見てくれれば良いのだが簡単に紹介すると、
30過ぎて銀幕デビュー、その逞しい体と男くささ溢れるマッチョさ、それまでの俳優に見られない魅力と異色な演技力で世間を席巻、トップスターになるがスタント撮影中に死亡、享年41歳。その若さと短い芸能生活から”マラヤラムのジェームス・ディーン”と伝説の人になる。
ってところ?(いやぁ、それにしても凄い出演数。ブレイク期間が賞味4,5年なので大して出演作数もな伊だろうと思ってたら、年間20〜30本も出てる。主役ばかりな訳じゃないだろうけど、来たオファーはすべて受けたのか?どんなヘビーローテーションだったんだ?まるで自分の寿命の短さを知っていたかのような生き急いだような出演に見える。)


本作は悪役にもかかわらず、そのジャヤンさんの名声と人気を確固たる物とした一番の代表作とも言えるものらしい。
チャタレイ夫人の恋人から引用してきたのは誰の目にも明らか。と言っても、奥様が身分下の男に萌えちゃうって所だけだけど、ここまで不貞で官能的な映画って逆に今は無いかも。”上半身裸で馬の世話をする馬丁に萌えちゃう若奥様”のシーンが有名らしいけど、ジャヤンさんあっての賜物だな。今の俳優ではこういうこと出来るのいないもんねぇ。最近流行の6Packは工場製品みたいで官能性からは程遠いし。

ヒロイン シーラさんもやっと顔覚えた。(って、大女優さんみたいだから失礼な話なんだけど、、、)
あ、【蝦】にも【Cahndramukhi】にも出てたのか、、、、、、とっくの前に見てたんだなぁ、、、、え!おじい様の【Yugandhar】にも出てたのか、、、、、、う〜ん、シーラさん、すでに10作ぐらい見てる、、、、、、、

ベイビー役の女優は名前分からず。この後余り活躍しなかったのかな?
その恋人役のサタールさんもなかなか格好良いのだが、今はまぁちょいちょいと活躍ってところか。


映画自体は全体的には普通に面白いって感じだけど、上の官能部分とジャヤン様が突出してる。
ジャヤン様の魅力がとにかく凄いね、それだけで見る価値大。
それにしても彼、若い。とても40前には見えないね。


画像

画像



これ、サタールさん。髪型がもちっと、その、ねぇ。
画像



これが”上半身裸で馬の世話をする馬丁に萌えちゃう若奥様”のシーン (2分ちょっと前ぐらいから)





テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【Sarapancharam】 ドミドミ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる