ドミドミ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【Virodhi】

<<   作成日時 : 2012/07/19 05:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【Virodhi】

監督:Neelakanta
出演:Srikanth、Kamalinee Mukherjee、Ajay、Aahuthi Prasad、Kamal Kamaraju、Nagineedu、Sivaji Raja、Vijayachander、Kiran Varanasi、Sri Ramya、Ravi Varma、Rathna Shekar Reddy、Ram Jagan
音楽:Patnaik R.P.
2011年 テルグ語


民衆の味方な社会派ジャーナリストのシュリカンが、ナクサライトの一味にさらわれて解放されるまでの物語。
こういうのはPeriploさんとかメタ坊さんに見てもらって、いろいろと評してもらうのが一番だと思うんだけど、、、、、
(いや、手を抜くわけじゃないけどさ、こういう問題とか運動が背景だったりするのは私、知識無いからさ)
ほぅ、やっぱり、2011年度 International Film Festival of Indiaでの公開作品。ダンス無し2時間の尺だもんね。


[一口メモ]
・シュリカン主演と言うよりアジャイが主役じゃないのぉって言いたくなるけど、あぁ最後はカマラージュさんが持っていくのかぁ、でもやっぱり結局シュリカン映画だなって映画。

・アジャイの”面の皮”がはがれていく様は面白い。熱演。

・カマル・カマラージュさん、やっぱ癖のある役。良い味出してる。

・久々の爽やか系シュリカン、萌え

・かなり良く出来た感じの映画ではあるが底はちょっと浅い感じ。ナクサライトに参加する人の気持ちも分かってる風な仮面をかぶりながら、結局烏合の衆だと馬鹿にしてる感も無いようにも思えるのだが。何のかんの言いながら安全な場所から好きな事を言ってるだけと弾劾されるシュリカンと結局は同じ視点かな?監督。爽やか青年シュリカンが、結局は人道主義で解決していくもんなぁ、そんな簡単に行くわけ無いよなぁ、なんか生っちょろいよなぁ。これがマラヤラムだったらもっとどろどろしていくか不条理に終わるか叙情的になるか、なんともいえない雰囲気を残すのではないだろうか。

・ナクサライト問題映画として見ると齟齬があるかもしれないが、色々な人間の仮面が次々とはがされていくのを見ることによって、以下に無意識のうちに人間が欲望を大義名分に摩り替えて自己正当化しているかという個々の人間の心理的見解から見ると面白いか、な。


トレイラー




ま、私は爽やかシュリカンだけでも満足、かな?
画像



ま、カマラージュさんとアジャイの演技見るだけでも満足、かな?
画像

画像



カマリニーの姐さん、とっくの昔に女優辞めるって言ってなかったか?結婚ご破産なったか?(いや、寿退職とは言ってなかったが)
画像



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【Virodhi】 ドミドミ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる