ドミドミ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【Leta Manasulu】

<<   作成日時 : 2012/08/23 05:57   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

【Leta Manasulu】

監督:SV Krishna Reddy
出演:Srikanth, Kalyani, Gopika, Raghunadha Reddy, AVS, Kanchi, Sivajiraja, Siva Parvathy, Krishna Chaitanya, Draksharamam Saroja, Narsing Yadav, Baby Sruthi, Master Manoj, Kavya
音楽:MM Keeravani
2004年 テルグ語


一生懸命勉強して働いて出世してお金持ちのお嬢さん(ゴーピカ)に見初められて結婚してもっと出世してトントン拍子なシュリカンさん、ど貧乏に落ちぶれたかつて相愛だった幼馴染さん(カリヤーニ)に出会って彼女のあまりの不幸を見かねて自宅にハウスメイドとして引き取ったことから始まる三角関係のお話。


[一口メモ]
・タミル映画【Azhagi】のリメイクだとさ。元映画は見たこと無いけど、いかにも本物らしい映画賞でも取りそうな不幸女のタミルでのナンディータ・ダスさんより、あまりにも普通に不幸が身につき過ぎてかえって誰の目にも留まらないようなテルグでのカリヤーニさんの方が断然上な気がする。(でも映画としてはきっとタミル物の方が上なんだろうな、テルグ版はどう見ても中庸仕上がりだからな。)

・長年恋焦がれた初恋の人、再会したときには不幸のどん底の子持ち未亡人、しかも自分はすでに既婚、こんなにっちもさっちも行かない三角関係がどう終結するかとその間のはらはらする過程がこういう映画の最大の見物だけど、期待にたがわない展開と結末だった。が、あぁ、なんて悲しいんだろう。カリヤーニさんがいつか元気に戻ってくる事を、心して止まない。

・こういうシュリカン坊ちゃん刈りロマンス物では、しばしばこういうアンハッピーエンドに出くわす。しかし映画祭向け芸術系では決してなく、ちゃんと娯楽映画である。そしてこういうシュリカン坊ちゃん刈りアンハッピーエンドロマンス物は、結構当たりが多い。

・私的一番の見所は、子役二代使って手抜きせずたっぷり見せてくれる主人公達の少年時代。それぞれの年代での異性への憧れ具合の違いが非常に上手く微妙にかもし出されています。思春期高学年時代の”妄想”一杯青年シュリカン、ぎゃっはっはぁー。


きれいなお金持ちお嬢さんが転向してきてボーッな年少シュリカン、まだまだ男女のことは何も知りませんねー。
画像



思春期入ってボーッな年長シュリカン、下半身の火照りがすでに脳内ぐるぐる状態。
画像



こんなかわいい躾の良いお嬢さんが
画像



泥にまみれたニコヨン生活に
画像



そして涙のシュリカン
画像



おまけのゴーピカ、でも第一ヒロイン
画像




テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【Srikrishna 2006】
【Srikrishna 2006】 ...続きを見る
ドミドミ日記
2012/09/03 04:21

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【Leta Manasulu】 ドミドミ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる