ドミドミ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【Kerala Police】

<<   作成日時 : 2013/10/06 03:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【Kerala Police】

監督:Chandrashekharan
出演:Kalabhavan Mani、Bijukuttan、Vijayaraghavan、Madhu Warrier、Lakshmi Sharma、Archana、Bindu Panickkar、Innocent、Baiju、Swarnamalya、Sreejith Ravi
音楽:Kailas Menon
2008年 マラヤラム語


これは良い!
すっごく良い!
インド映画でこんなに素晴らしい推理映画が見れるなんて。
良質の本格推理小説みたいです。
誤魔化し無しでプロット一本で本気の勝負ってところがとても良いです。
そしてまたそれが成功です。
筋の組立てから運び、伏線の引き方も最後のどんでん返しも、文句言う所無しです。
あー、幸せ


真実一路の警官のマニさん、ちょっとアウトローみたいだけどいつも良い働きしてます。でも手柄はいつも狡い同僚とかが持って行っちゃうんですよねぇ。
そんなマニさんの管区内で殺人事件発生。
中央の捜査介入にもめげず、真相を追い求めて個人で地道に調査するマニさん。
本当に今をときめくヒロイン女優が犯人なのか?
最後のどんでん返しで涙を誘う結末へ。


これ、主要人物のキャラ立てもいいですね、
なにかあれば「いつでも元の漁師にもどりゃぁええんじゃぁ」、そして気晴らしは農作業、ひたすら社会の下僕としての警官である事をまっとうしようとするマニさん、
「漁師生活なんてもう二度と真っ平だからね!」と、マニさんの退職騒ぎのたびにおろおろするママ、
ここ一番の時には旨のマ様写真を見て自分を勇気付けて突撃するマニさん子分、
マニさんの父親代わりのようなイノセント上司、
上位カースト出身でいつも手柄を横取りする嫌味なライバル、
エリートさが鼻に付くけど捜査と評価に関しては公平な中央の女軽視、
足りないのは、マニさんのマドンナ役と、軽薄な警察署のお茶汲み姉ちゃんぐらいで、人気シリーズのばっちしなキャラ群。
日本だったら絶対にシリーズ化すると思うけどなぁ。(TVドラマレベルかもしれないけど)

いやぁ、満足満足



今をときめく超人気男優としてマドゥ・ウォリアーが出てるんだけど、
それはいいのよ、まさかP君やおぼっちゃま君出せるわけでもないし、(出ても他とのつりあい取れないし、そこまで演技力要らない役だし)
それなりに多少は名前が通ってて、それなりに人気俳優役が勤まるぐらいのハンサム度は必要で、
ハンサムでも全くの新人は使えないだろうし、
マンドゥ・ウォリアーぐらいは確かに適当な俳優さんなんだけど、
でもね、
どどぉーーーーーん
画像

画像

画像

画像

トップスター役なんだよね?
トップスターがこんなトド体型でええんか?
ケララのトップスター
ラルさん。。。。。
マ様。。。。。。正解。。。。。。なのか?
ニシャント・サガールでは貫禄に掛けるから、でもせめてバラさんあたりで止まらなかったのか?
別にわざわざこの体型を披露しなくても良いのではないのか?
”スター”をアピールの登場シーンがこれ。
体型だけは私もケララで人気者〜♪
それにしてもマンドゥ・ウォリアー、仕事なくてやけ食いでこうなってしまったか?

画像

画像

ラヴィさんも出てるよー
画像





テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【Kerala Police】 ドミドミ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる