ドミドミ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【Sudharil Sudhan】

<<   作成日時 : 2013/10/14 03:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【Sudharil Sudhan】

監督:Jayaraj Vijay
出演:Mukesh、Lakshmi Sarma、Indrans、Kalabhavan Mani、Sudheesh、Saikumar、Mamukkoya、Bindu Panickkar、Master Ganapathy
音楽:Jaison J. Nair
2009年 マラヤラム語


美しい妻とかわいい3人の子に囲まれたインドランスさんは、真面目で忠実な共産党労働組合員です。
でももう一ヶ月以上も賃金値上げのストライキをやっていて収入が無く今日のご飯もない貧乏暮らしです。
どうしようもないので妻は近所のお屋敷に家事のバイトへ。
そんなある日インドランスさんは組合員の裏切りによるスト破りの情報をキャッチ、組合幹部に伝えるとその場で潜入調査の指令、現場を押さえて報告に行くけど、翌朝フルぼっこにされて半死で発見。
手術費の工面に奔走する妻はいつの間にか行方不明に。
残された3人の子達はあまりの空腹のために他所のお金持ちの家の台所に潜入したところを見つかってしまう。
先行きも立たず、両親を裏切った罪悪感から、子供達は服毒自殺。
長男は助かるが末の二人は死亡、そこへ人権委員会のスッパマン”ムケーシュ”登場、インドランスさん殴打、妻失踪事件の解明に乗り出す。
すべては労働組合リーダーと雇用者がぐるになって、広大な国有地を手に入れるためだった。
インドランスさんの美しい妻も殺害されたことが判明。
インドランスさんも、生命の危機は乗り越えたものの記憶喪失で狂人状態。
生き残った長男の愛だけがインドランスさんを正気にしてくれるのかも、、、、、


泣けます。かわいそうでかわいそうで泣けます。
3人の子達が自殺する所なんか、「子供使ってずるい」と思いながらも泣いてしまいます。
最初は、イデオロギー馬鹿に振り回される可哀相な純朴な貧乏市民の話で、変な人道主義で終わるんじゃないかなぁと思っていたら、スッパマン”ムケーシュ”登場からいきなりサスペンスです。
びくーり。(ここでBGMが急になんか戦隊物っぽくなるのにちょっと笑えますが。)
サスペンスにしたらちょっと伏線で甘い所とか不親切な所とかあるけど(なので種明かしはムケーシュさんの長いモノローグで済ましてる、これもちょっとなんだけど)、この話のでんぐり返り具合は面白かったです。
あと、ソングの使い方がいいと思いました。
無理してフルソング使わず必要な分だけ使ってうまく台本に貼り込んでるなと思いました。

ま、でも結局は、妻役のラクシュミ・シャルマさんの美しさと、3人の子供勝ちってことですかね。
(長男役の子、気に入った。大人になっても活躍して欲しいものだ)


画像

画像

画像

画像



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【Sudharil Sudhan】 ドミドミ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる