ドミドミ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【BenzVasu】

<<   作成日時 : 2014/03/10 06:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【BenzVasu】

監督:Hassan
出演:Jayan、Sathar、Sankaradi、Kuthiravattam Pappu、Balan K Nair、Prathapachandran、Cochin Haneefa、Pattam Sadan、Paul Vengola、Seema、Priya、Sreeratha、Raji、Vanchiyoor Radha
音楽:AT Ummer
1980年 マラヤラム語


この映画とは関係ないけど、この映画のタイトルをこういう動画に付けられるってことで、これがどういう映画か分か、、、、、、、りはしないな。



結構上手く作ってんじゃない?これ。なんの映画の台詞被せてんのかな?




〔見所〕
・タイトル
・英語絡みのコメディー
・いつも通りのジャヤン様。ぶれが全くありません。


〔あらすじ〕
少年時代のジャヤン様、ママは浮気が見つかって逆上したパパに間男共々殺されてしまいます。
もちろんパパは刑務所へ。
ひとりぼっちになってしまったジャヤン様は、ストリートチルドレンとして雄雄しく生きて行きます。
さて成長したジャヤン様、ストリートチルドレン時代からの付き合いの家族同然の”兄貴”と一緒に自動車修理屋を営んでおります。(あんなボロ車を走れるようにするなんて、かえって技術先進国の技術者には出来ないと思う。笑)
市場でショバ代ピン撥ねに来るチンピラやっつけたり、すっかり町の”兄貴”だよん。
そうしているうちに”家族同然のストリートチルドレン時代からの仲間の兄貴”が病気で死亡。何を遺言したか分からんかったけど、その後はとにかく事業をどんどん大きくしていっぱしの企業にまでしてしまったジャヤン様。今はお金持ちだよん。
衣食住が足りればお次は、、、、、、ふふふ、けちこーん!
ひょんなことでチンピラから助けたシーマさんに一目惚れ、毎日妄想しまくりです。(シーマさん相手だと妄想しがいがあると思います。)
そしてこれまたひょんなことからシーマさんに再会、ターックル!!
しかしシーマさん、すでにジャヤン様の部下サタールさんと恋仲に。サタールさん、シーマさんの隣に住んでるんですねぇ。
ここでジャヤン様悪巧み、若い女の子を金で雇ってサタールさんに不義させようとしますが、失敗。サタールさん、一途です。
が、この噂を聞いたシーマさんはサタールさんが浮気したと激怒。
ジャヤン様、しめしめ。
と思ったとたんにジャヤン様、下半身不随に。(さっきまで元気に走り回ってたのに突然半身不随になる病気なんて、、、、、映画の都合。)
献身的にジャヤン様の看病をするが、その間にサタールさんの浮気の真実を知る。
ジャヤン様、とうとう実力行使に出ます。ならず者を雇ってサタールさんを亡き者にしようとしますが失敗、怪我を負って入院しているサタールさんと看病のシーマさんの目の前で服毒してあっけなく自殺してしまいます。


少年の頃、ママが間男を作ってたことがトラウマになって(結果が結果ですからね)、女性の貞操に関して異常に潔癖な感情をもってしまっているという主人公ジャヤン様の性格が映画の中で重要なキーワードになってるはずなんですけどね、、、、、、、、、自分が間男じゃん、人の恋人横恋慕して。
見ててちょっとお笑いなんですが、VCDで見て言葉が全然わかんないせいかも知れない。台詞が分かると、その辺の所もちっとすっきり理解できるのかも。。。。。。。。。。そんなことはないような気もするが。

やっぱり”ベンツ”なんですね、トヨタやホンダやフォードやオペルやルノーじゃなくて。
装甲車並みの車体ですからね、ベンツ(最近は知らないが。車種にもよるだろうが。)
”ベンツ”って冠言葉だけで、力強くてタフで頼りがいがある男って意味が分かっちゃいますもんね。
”ルノー・バスー”なんて女に手の早いただのちゃら男みたいですしね、”ホンダ・バスー”はアッシー君ですかね。
私が子供の頃はベンツと言うと、外車の代名詞だったんですけどね。
前もって話には聞いていたけど、ドイツに来て初めてタクシーに乗ってベンツなんで感動しましたね。「ベンツだ!ベンツだ!」って。(今はどうも思わないですけど。かえってトヨタなんかの方が嬉しい。最近は少し変わってきたみたいですけど、こっちって夏はすごしやすいから車に冷房がついてないんですよね。オプション別払いで付けないと。でも日本車は最初から込みで冷房がついてるんですよねぇ。)

でも凄いネーミングセンスだと思いますけどね、”ベンツ・バスー”。
これでもうお腹一杯なんですけど、中身も結構なものですよね。
主人公、最後に服毒。。。。。。

ジャヤン様だから出来る悪のヒーロー。
悪でも格好良い、悪でも魅力一杯なんて、今誰が出来るかなぁ。

この時代の映画、良いですねぇ、昔懐かし劇場風セット。
作り物丸分かり、いかにも”セット”ですよーって。
アクションも舞台芝居のお決まりのようでね、リアルじゃなくて”型’でね。
なんか味があって良いですねぇ。

楽しい娯楽映画ですよ。
人によって好みはあるだろうけど、私は楽しみましたよ、えぇ、楽しみました。


画像



こ〜んな職人生活から
画像


こ〜んな企業家生活へ
画像


窓越しの恋
画像

画像


婚前交渉。イ、インドでええんかぁ!?といつも思うが、”マ”は結構多いよね。
画像


この時代は子供もパンタロン
画像


部屋、がらがら過ぎやしね?
画像

画像


足りない部品は自分で作っちゃえ!古きよき時代
画像


悪者のアジトは近未来要塞。手作りだけどね。
画像

画像


サタールさん現在。あ、この顔は知ってる!昔の面影はぁ、、、、、
画像


今回の拾い物、サタールさんの息子、Krish J Sathar。(この映画に出ているわけではない) おぉ!役者デビューしてるのか、絶対にチェックしなくては!場合によってはウンニ・ムクンダン捨てて乗り換えても良いぞよ。
画像





テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【BenzVasu】 ドミドミ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる