ドミドミ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【Aayirathil Oruvan】

<<   作成日時 : 2014/03/03 03:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【Aayirathil Oruvan】

監督:Sibi Malayil
出演: Indrans、Irshad、Salim Kumar、K.P.A.C. Lalitha、Kalabhavan Mani、Anil Murali、Kochu Preman、Senthil Senthil、Sudheesh、Sujitha、Thilakan、Oduvil Unnikrishnan、Janardanan、Madhupal、Kozhikkode Sarada、Shammi Thilakan
音楽:Mohan Sithara
2009年 マラヤラム語


トレイラー

Aayirathil Oruvan Malayalam Movie Trailer von cinefundas


〔見所〕
・身内が一番頼りにならん、てこと
・哀愁たっぷりのマニさん


〔あらすじ〕
適齢期を過ぎてまだ独身のマニさん、二人いる妹のうち一人は既に結婚して片付いてるが、もう一人がまだ。その妹の結婚が決まるまでは自身は結婚しないと決めてるが、そのためには多額の持参金が必要。現在そのために一生懸命働いてるマニさんである。
そこへ友人が良い知恵を。
「自分が結婚して嫁からもらう持参金を妹の持参金に廻せば良いのさ」
ということで、二人の結婚がとんとんと決まる。
その初夜、嫁の持参した装飾品を点検するマニ母以下一家。
「全部偽者じゃないのぉー!ちゃんと約束の金額分を持ってくるまでは、寝室は別々よ!」
実はマニ嫁、ほぼ孤児同然で財産など一銭も無い。
激怒するマニ一家。マニさんはひたすら嫁を庇うんだけどね、姑のいじめは激しい。
さて妹の持参金はどうする?
どうにもこうにもならなくなったマニさん、高利貸しからお金を借りて何とか持参金を払い妹の結婚は無事に済ますが、お金を返すめどが立たない。
ついに市場の商品横流しに手を付けようとして豚箱入れられるし、出稼ぎしても焼け石に水。
ひょんなことから臓器移植の事を知り、お金持ちのおっさんに腎臓を売る話が纏まる。
しかしいざ移植手術と言う時、金持ちおっさんの一家はもっと安い値段で腎臓を売る人間を見つけ、おっさんもそれに賛成、にっちもさっちも行かなくなったマニさん、ついに嫁とお腹の子供と一緒に無理心中を決意する。
いざ天国へ旅立とうと言う時、金持ちおっさん登場、自分の子供以上に献身的に介護してくれたマニさんを息子と呼び、これが息子の財産の取り分だと大金を置いていく。


マラヤラム映画ではちらほら見る、お金の工面がどうにもならず自殺へ、というもの。
ケララの地方ではこういうケース、結構あるのかなぁ、ありそうだなぁ。
でも、こういう映画を同じような状況にいる人が見ても、身につまされて辛いだけじゃないのかなぁ。裕福な人とか都会の人とかに向けての社会改革への啓蒙の意味とか問題提議とかの意味で作るのかなぁ。

感動物映画としてよく出来てると思います。
何よりもマニさん演じるアラヴィンダンの純粋さがぴか一、魅力溢れてます。
家族のほかの人々の無情さとかがめつさがあるので余計に引き立ってる。金持ちおっさん一家もおっさんに対して結構人情薄いので、他人だけどマニさんの献身振りが引き立つようになってる。


ということで、
出来の良い”マ”人情映画、
マニさんマンセー!
ゴマちゃんも出てるよ。
見てごらん。

(トレイラーで「”Summer in Bethlahem”の監督の新作!」と言う売り文句が出てくるけど、”Summer in Bethlahem”ってどういう映画なんだろ。)


画像


画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【Aayirathil Oruvan】 ドミドミ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる