ドミドミ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【Bhookailas】(Telugu) 【Bhookailasa】(Kannada)

<<   作成日時 : 2014/07/28 04:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【Bhookailas】(Telugu) 

監督:K. Shankar
出演:Taraka Rama Rao Nandamuri (Ravana)、Akkineni Nageshwara Rao (Narada)、Jamuna (Mandodari)、S.V. Ranga Rao (Maayasura)、Nagabhushanam (Lord Shiva)、Saroja Devi B (Goddess Parvathi)、Hemalatha (Kaikasi)、Saroja E.V (Dancer)、Helen (Apsarasa)、Gopi Krishna (Dancer)、Kamla Laxman (Dancer)、Venkayya Mahankali (Kumbhakarna)、Vijaya Nirmala (Goddess Seetha)
音楽:Goverdhanam R、Sudarsanam R.
1958年 テルグ語

【Bhookailasa】(Kannada)

監督:同上
出演:Rajkumar (Ravana)、Kalyan Kumar (Narada)、Jamuna (Mandodari)、S.V. Ranga Rao (Maayasura)、Saroja Devi B (Goddess Parvathi)、Hemalatha (Kaikasi)、Gopi Krishna (Dancer)、Vijaya Nirmala (Goddess Seetha)、K S Ashwath, Siddayya Swamy, Dasappa, Magadi, Master Baji, Gurusiddayya Swamy, Chandrayya, Anilkumar,Lakshmi, Shantha
音楽:同上
1958年?/1956年? カンナダ語


おじい様とラージクマール絶好の見比べ。
あ、私これがラージクマールデビューかな。ごめ〜んね、今頃で、あいや〜様。


こんな記事あった。面白いよ。



〔みどころ〕
・テルグとカンナダの”レジェンド”の絶好な見比べ
・単なるリメイクでもダブでもない、どう考えても同時進行な撮影、気になる製作年。誰か正確なことおせぇ〜て〜。
・ひょうきんなANR


〔あらすじ〕
面白そうだから英語WIKIページをGoogle翻訳した。
したらこんなんになった

Rakshas王ラーヴァナはAmaravathi、インドラの天の王国の首都に侵入することを決定。ラーヴァナの計画が怖い、インドラは助けをナラダを要求します。ナラダはラーヴァナの強さはKaikasi、ラーヴァナの母親が行う礼拝から来ているインドラに通知します。彼はその後、インドラはsaikathaのリンガのラーヴァナの母親の礼拝、主シヴァの砂の彫刻表現を妨害することを示唆している。ラーヴァナは苦行を実行し、崇拝し、彼の母親のために主シヴァのアートマリンガを持って来ることにしました。ナラダ、女神パールヴァティー、主シヴァの配偶者からのラーヴァナの計画を聞くこと主ヴィシュヌに訴える。主シヴァは彼の願いを付与するラーヴァナに表示された場合は、主ヴィシュヌはラーヴァナの心を操作し、彼は女神パールヴァティーのためにお祈りします。ラーヴァナは女神パールヴァティーと一緒に家を進行すると、ナラダは途中で彼を満たしていると彼の仲間が偽物パールヴァティーであることを彼に告げる。言い逃れで落胆、ラーヴァナは主シヴァに女神パールヴァティーを返します。帰国の旅の間に、彼はMandodari、Pathalaの若い王女を満たしている、と彼女は本当の女神パールヴァティーであると信じて、彼女と結婚する。最終的に、彼は何が起こったか実現し、彼の切断された頭部を提示して許しを神シヴァに訴える。主シヴァはアートマリンガとラーヴァナを提示し、アートマリンガがこれまで地球に触れると、それは再び移動することはできません、と彼に警告します。ナラダは、後のカルナタカ州GokarnaのKshethramとして知られるようになったものを見アートマリンガを接地にラーヴァナをだまして主Vinayakaを扇動。

(オリジナル)
Rakshas King Ravana decides to invade Amaravathi, the capital of the heavenly kingdom of Indra. Scared of Ravana's plans, Indra asks Narada for help. Narada informs Indra that Ravana's strength comes from the worship performed by Kaikasi, Ravana's mother. He then suggests that Indra sabotage Ravana's mother's worship of saikatha lingam, a sand sculpture representation of Lord Siva. Ravana decides to perform penance and bring Lord Siva's Atma Lingam for his mother to worship. Hearing of Ravana's plans from Narada, Goddess Parvathi, Lord Siva's consort, appeals to Lord Vishnu. When Lord Siva appears to Ravana to grant his wish, Lord Vishnu manipulates Ravana's mind and makes him wish for Goddess Parvathi. As Ravana proceeds home with Goddess Parvathi, Narada meets him midway and tells him that his companion is fake Parvathi. Dejected by the subterfuge, Ravana returns Goddess Parvathi to Lord Siva. During his return journey, he meets Mandodari, the young princess of Pathala, and believing her to be the real Goddess Parvathi, marries her. Eventually, he realizes what happened and appeals to Lord Siva for forgiveness by presenting his severed head. Lord Siva presents Ravana with Atma Lingam and warns him that, if the Atma Lingam ever touches the earth, it can never be moved again. Narada instigates Lord Vinayaka to trick Ravana into grounding the Atma Lingam at what later became known as Gokarna Kshethram in Karnataka.


今日は時間が無いのでひとまずこれで。
続きはまったねー。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【Bhookailas】(Telugu) 【Bhookailasa】(Kannada) ドミドミ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる